フェラチオ(掃除)

鮎川晃

先端から根元まで、くまなくねっとり優しく丁寧な、奈津子の清拭舐め舌奉仕は、他の四人に負けていない

勇作の腰に顔を伏せるや、奈津子がいきり勃ったものに唇を這わせる。ぬめる白汁を啜り、裏筋に沿ってしごいて、穴に上がった滴を舐め取る。先端から根元まで、くまなくねっとり優しく丁寧な、奈津子の清拭舐め舌奉仕は、他の四人に負けていない。 「ちゅぽ…...
鮎川晃

早くも完全勃起に戻りつつある勇作に苦笑したのもつかの間、口腔を犯された文子が、困ったように顔をしかめる

勇作は今は、奥の部屋の仮眠用ベッドに仰向けに寝かされている。その横で文子が添い寝している。顔は股間に伏せている。 「あぁ……ふう……くちゃ……にゅぽ……じゅる。ずずぅ……んはあ」 文子は勇作を舐め清めている。上気した頬がとっても若々しい。愛...
鮎川晃

勇作が見ているのに気づくと、見せつけるように舌を大きく遣って、乳輪やその周囲まで舐め回す

「そんなこと仰ったって、勇作さんがこんなにお射精なさるのがいけないんですわ。舐め取ってしまわないと、ベッドを汚してしまいますもの……それとも、いやらしい女はお嫌いですか?」 勇作が見ているのに気づくと、見せつけるように舌を大きく遣って、乳輪...
鮎川晃

ゆっくり大きく頭を振りながら、白く濡れた茎に舌を絡めて、優しく拭いをかけていく

勇作を誘いながら近づき、自ら勃起を文子が咥える。ゆっくり大きく頭を振りながら、白く濡れた茎に舌を絡めて、優しく拭いをかけていく。 「はい、おちん× んを隅々まで綺麗にしましょうね?……ちゅくみちゃ、れろ、れろお……はい、もっと突き出して……...
鮎川晃

花びらが押しつぶされるのではないかと思うほど、強く勃起をま× こに突きこみ、子宮めがけて思い切り放った

確かに、二人は激しく求め合った。 三度目を、背後から責めに責めて勇作は果てた。花びらが押しつぶされるのではないかと思うほど、強く勃起をま× こに突きこみ、子宮めがけて思い切り放った。 未経験な深い部分に射精され、恵子は激しくアクメした。大き...
鮎川晃

勃起を離さぬ自分に照れたように笑いながら、恵子は、エラ縁に残った汁を舌でなぞり、裏筋をしごいては、湧き出てきた汁を啜っている

勇作が放ち終わっても、そのまま恵子はしゃぶり続けていた。 「んあ……くちゅ、じとお……残っていては、気持ち悪いでしょう?……」 勃起を離さぬ自分に照れたように笑いながら、恵子は、エラ縁に残った汁を舌でなぞり、裏筋をしごいては、湧き出てきた汁...
北都凛

途端に手コキされていた肉棒が脈動して、白濁液をドクドクと噴きあげる

「あ……綾乃……イッたんだな……」 浩二は妻の絶頂を目の当たりにして深い絶望感を味わわされ、同時に鼻血を噴きそうなほど昂っていた。異常なシチュエーションのなか、これまで体験したことのない劣情が湧きあがり、必死に抑えこんでいた欲望を解き放つ。...
小鳥遊葵

だって、口のなかに僕のち×ぽを入れて、精液まで呑み込んでいるんだから

数分はそのままだった。健太は満ち足りた射精感に目を閉じ、胸板に密着する熟し切った肉乳と、まだ肉棒を放そうとしない、咲枝の割れ目内部の感触のよさに浸っていた。 (咲枝さんも留美子さんも凄い……。ああ、ママのおま×この中って、どんなに気持ちよく...
小鳥遊葵

手のひらに乗せた肉棒を、健太の下腹に押し付け、咲枝の舌が肉竿全体を下方から先端へとずるずる舐めあげる

「あっ、咲枝さん、いきなり、そんな……」 何事にも積極的な咲枝らしい振る舞いだった。すっと手が下降し、いきり勃った肉棒を不意に短パン越しに掴まれた。 「だって、健太ちゃん、あんなに濃いキスで、あたしに火を点けるんだもの……」 有無を言わせな...
小鳥遊葵

健太は気が遠くなるような愉悦の中で、ドクドクと、留美子の喉奥に大量の種ミルクを迸らせていた

「ああ、留美子さん、僕、で、出るよ……。うううっ、で、出るぅ……」 健太の腰も無意識のうちに前後に激しく動き始めていた。喉奥を突き破るような口中の最深部まで届いた肉棒の出し入れにより、留美子は苦しいのか目に泪を滲ませていたが、肉棒を吐き出そ...
小鳥遊葵

その舌を健太に見せつけるように震わせると、おもむろにうつむき、舌先で肉棒の先端に触れる

「あうっ、留美子さん……。僕、留美子さんのおっぱい見ながら、そこ擦られたなら、ま、また、出ちゃう……」 「いいわよ。何度でも出していいの。だって、それだけこの私に感じてくれてるって証ですもの……。ふふっ……。タオルで拭き取る前に、おちん×ん...
羽沢向一

まだ快楽の余韻に浸る少年の亀頭に、満ち足りた笑顔の人妻が伸ばした舌を這わせてくる

「尚樹くん、きれいにするわね」 まだ快楽の余韻に浸る少年の亀頭に、満ち足りた笑顔の人妻が伸ばした舌を這わせてくる。ピチャピチャと音を鳴らし、嬉々として精液を舐め取り、躊躇なくすすりあげた。 収まりかけた勃起が、新たに濃厚な刺激を受けて、たち...
羽沢向一

尿道にかすかに残っていた最後の精液が吸い出され、彩海の口に入る

また鈴口にキスされ、強く吸われた。尿道にかすかに残っていた最後の精液が吸い出され、彩海の口に入る。
羽沢向一

口の中の精液をすべて飲みこんでから、彩海は亀頭を口から出した

口の中の精液をすべて飲みこんでから、彩海は亀頭を口から出した。精液はきれいに舐め取られて、逆に唾液がまぶされてテラテラと光っている。 「はああ、おいしい。尚樹くんの精液、何度でも飲みたいわ。うふ」 口から出しても、肉幹を手放そうとはしなかっ...
羽沢向一

彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた

彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた。射精したばかりでまだ敏感な亀頭に、快感の電流が走りまわる。それこそ、ついさっき尚樹のどこかへ飛んでいた意識を現実に引きもどした快感だった。 口だけでなく、彩海の右...
巽飛呂彦

あっと言う間に口の中いっぱいに満たし、あふれる精液に、貴和子が思わず顔を強ばらせる

「ぉぉあああ!出る……貴和子さん、出ちゃう……!」 なすすべもなく、貴和子の口腔内で爆発する広海の肉棒。熱い精液を大量にぶち撒けていく。 「ンゥ!ゥゥ、ン……ゥ、コク、コクン!コクッ……チュプ、チュ」 あっと言う間に口の中いっぱいに満たし、...
巽飛呂彦

すぐに亀頭の先に吸い付くと、唇をすぼめて尿道口に押し被せ、強く吸い上げる

不安になる広海をよそに、最後の一滴まで呑み下した静羽は、 「ンッ、ハァァ……。チュ、チュプ……チュゥゥゥ」 いったん肉棒を吐き出したものの、すぐに亀頭の先に吸い付くと、唇をすぼめて尿道口に押し被せ、強く吸い上げる。尿道の中に残っている精液ま...
櫻木充

ふたたび男根に舌を這わせ、ザーメンにまみれた亀頭を舐めまわす

「あぁん、嬉しい……私の裸で、こんなに興奮してくれたなんて」 ふたたび男根に舌を這わせ、ザーメンにまみれた亀頭を舐めまわす。親指の腹で裏筋をしごき、尿道に残された樹液を絞りだし、鈴口をチュチューッと啜りあげる。
神瀬知巳

花穂子の眼前で、精液と愛液で濡れ光った逸物に舌を這わせた

佑二は躊躇うように言い、己のペニスを彩香の口元に差し出してきた。彩香が舌を伸ばす。花穂子の眼前で、精液と愛液で濡れ光った逸物に舌を這わせた。 (おくちで後始末を……)
神瀬知巳

唇と舌、そして口内粘膜でぴっちり包み込まれると、腰から地面に沈み込むような心地がした

佑二は裸でベッドの端に腰掛けていた。足元にはナース服姿の彩香が膝をつき、佑二の股間の上で、ナースキャップを被った頭をゆらしていた。 (彩香さん……精液と、奥さまの愛液でまみれているのに) 陰茎に彩香の舌が這っていた。嫌悪感を佑二には見せない...