大量のザーメンをどぴゅどぴゅと射精する

      

……ドクン、ドクン。雄々しくペニスを脈動させ、溜まりに溜まった精液を美砂の膣奥に噴き散らした。牝襞と戯れ合った亀頭には、ひりつくような快感の名残。啓太の肉棹は咳き込むような猛々しさで、大量のザーメンを…

精液が怒張の芯をせり上がった

      

いよいよ精液が怒張の芯をせり上がった。挿れてもだしても噴き散る炭酸水の衝撃のように、甘い閃きがペニスから全身に染み広がる。啓太はとうとう息すら止め、精巧なピストンマシンと化して亀頭の連打を蕩ける子宮に…

全身がペニスになったかのような恍惚感だった

      

峻烈なエクスタシーが、火柱になって啓太を串刺しにした。意識が吹き飛んで視界が白濁し、音という音が完全に掻き消える。全身がペニスになったかのような恍惚感だった。ドクン、ドクンと脈打つたび、すべてがどうで…