こ・言葉責め・女

空蝉

「タマタマがきゅーって持ち上がってる。あたしらが見てる前で出しちゃうんだ?」

「ひっ、あぁぁあ……っ!」 甘い嘶きと同調する尻肉の震えと、割り裂いた谷間で息づく排泄穴の、目一杯の窄まり様。うねり蠢く膣肉からも、同様に切迫した美幸の状態が読み取れる。 忙しく脈打ちながら摺り付いてくる肉棒の有様を、粘膜で直に感知した美幸...
庵乃音人

聞きたいです!先輩、お願い……先輩のエッチな言葉聞きながら、射精したい……あぁ、もう出そうです!

夏海はしてやったりという顔つきで、熱烈に恥毛と陰唇を腕に擦りつけ、「あっ、ふわぁ……ああん、貴史ぃ……」と悩ましい喘ぎ声を上げた。 「言ってあげて、祈里ちゃん……私も勉強したの……あっあっ、あはぁ……」 志摩子も淫猥な快感に憑かれていた。夏...
空蝉

「どこが気持ちいいか、素直に言ってみ?」掬い取ったカウパーを竿に塗り込めながら、悪戯っ子の顔をした朱里が問う。

「どこが気持ちいいか、素直に言ってみ?」 掬い取ったカウパーを竿に塗り込めながら、悪戯っ子の顔をした朱里が問う。 手馴れた二十九の女性から見れば、童貞の弱点など反応から容易く発見できるはず。それでもあえて言葉に出させるのは、奥手な弟分の羞恥...