尚樹は両手の指で、静子先生の左右の勃起乳首を強くつまみ、ひねりあげた

尚樹は両手の指で、静子先生の左右の勃起乳首を強くつまみ、ひねりあげた。静子先生の全身がつっぱり、背中がのけぞる。天井を向いた顔から、かん高い悲鳴がほとばしる。
「ひきいいっ!」
乳房がきつく引っぱられ、乳首を頂点に円錐形に伸ばされて、ぷるぷると震えた。快感と痛みが女教師の胸から全身を駆けめぐり、両手の指が空中を掻きむしる。
尚樹の背後でも、彩海が自分でボンデージの赤い隆起を握りしめて、声を高くする。