両手で布に包まれた尻たぶをつかみ、顔を強くアンダースコートに埋める

強い思いが、年下の少年を動かした。アンダースコートの表面に、尚樹は唇を押しつけた。彩海が嬌声をあげ、腰をふる。
「ああんっ!」
つるりとした布の奥に、尚樹は熱く息づく体温を感じた。両手で布に包まれた尻たぶをつかみ、顔を強くアンダースコートに埋める。布の感触と下腹部のやわらかさがたまらなく心地よい。