指で固定された乳首を中心にして、二つの乳房が上下左右に形をたわませる

尚樹の指が、左右の乳首をつまんだ。今までのレースの上から軽くこする動きではなく、親指と人差し指でしっかりと乳首を挟んでいる。
「彩海さんの乳首、すごく硬くなっているよ。いつもよりも硬い気がする」
そう指摘して、淡いピンクの肉筒を、レースを使って前後にしごいてやる。
「あくっ!あっ、はあああっ!」
彩海の身体が上下にガクガクと大きく揺れた。指で固定された乳首を中心にして、二つの乳房が上下左右に形をたわませる。