ち・乳首(言い換え)

葉川慎司

もっちりした乳肉の感触は、これまで触れたことのあるどんなものとも違っていた

「仕方ないですね。甘えん坊の祐司さん」 瑞穂は両手を伸ばし、祐司の頭を包みこむと、胸にそっとかき抱いてくれた。 「お乳はでませんよ。それでもよかったら、たくさん甘えてください」 我が子に接するように、瑞穂は祐司の唇に乳房を押しつけてき...
葉川慎司

瑞穂は親指と中指で輪を作り、指先にかける力を強くしたり弱くしたり変化させながら、ゆっくり肉棒をしごいてくれた

「あぅぅっ、すごい!」 「祐司さんもやってみてください」 そう言うと瑞穂は、左手を持ちあげ、湯船の中でバスタオルをはだけた。白いバスタオルが、ふわりと舞うように浴槽に沈んでいく。お湯の中ではあるが、すぐ目前に家政婦の全裸の肢体が露わにな...
庵乃音人

ショートカットの美少女は上着に続いて股間にピッチリと食い込んだブルマに指をかけ、屈みながらずり下ろした

(ま、まずい。もしかして水浴びでもするつもりか?退散しないと……) とんでもないシーンに出くわしてしまったと狼狽し、回れ右をしてその場を後にしようとした。だがどういうわけか、足に根が生えたみたいに身体が動かない。 (おい、どうした……ま...
北都凛

なだらかな丘陵を思わせる双乳と、その頂点で恥ずかしげに揺れるピンク色の乳首が、窓から射しこむ日の光に照らされていた

「仁科夫人の綺麗な身体を、この目に焼きつけておきたいんです」 「きゃっ……だ、駄目です」 男の指先がブラジャーのホックにかかり、思わず小さな悲鳴がもれる。そして次の瞬間、豊満な乳房がプルルンッとまろびでた。 「あああっ、いやです……見...
御堂乱

竜二の手が双乳に伸びて、左右の乳首をいじり出した

「ヘヘヘ、おっぱいも触って欲しいんだろ?」 竜二の手が双乳に伸びて、左右の乳首をいじり出した。アーモンド色をしたグミのような乳首は、竜二の指にコリコリと揉みしだかれ、驚くほど固く勃起していく。 「いいぜ、奥さん。もっと感じろ」 「ああ...
御堂乱

下着の締めつけから解放された白い乳房が二つブルンッと音を立てんばかりにまろび出てきた

ボタンを外し終えて、ブラウスの前をはだけると、眩いばかりの真珠肌を盛り上げた志津子のバストがさらされた。 「ひょおおっ、こいつはすげえ!」 生唾ものの美巨乳に、昌平が感嘆の声をあげた。 フルカップのブラジャーは上品なピンクベージュ。総...
御堂乱

Fカップはあろうと思われる豊満で柔らかいふくらみを、昌平はタプタプと音を立てて揉みこんだ

「なら俺にも揉ませろっ」 もう我慢できないとばかり、昌平は下から人妻の胸に手を伸ばした。 「おお、柔らけえ!」 しっとりとした肌が指に吸いつく。Fカップはあろうと思われる豊満で柔らかいふくらみを、昌平はタプタプと音を立てて揉みこんだ。...
御堂乱

弥生はハーフカップブラのホックをはずし、雪のように白い胸のふくらみをさらした

黒のニーストッキングを爪先から抜くと、弥生は手を背中へまわし、ワンピースのファスナーを下ろした。男たちの熱く淫らな視線にさらされて、清楚な美貌が羞恥で真っ赤になっている。ためらいながら両肩を抜くと、白いエプロンと一緒に黒ワンピースはハラリと...
北條拓人

ぶりんとしたグミくらいに肥大した二つの乳頭を、金庫のダイヤルでも回すかのような手つきでクリクリと回されるのだ

ほくろのあたりの乳肌を愛しげに舐めしゃぶる俊輔。涎でヌルつく乳首は、親指と人差し指に弄ばれている。 ぶりんとしたグミくらいに肥大した二つの乳頭を、金庫のダイヤルでも回すかのような手つきでクリクリと回されるのだ。 「ふあ、あぁ、そんなにお...
羽沢向一

尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる

尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる。こすればこするほど、まるで男のモノのように、布の中で肉筒の硬度が増して、熱くなっていく。変化する乳首の触り心地が、尚樹のイマジネーションを刺激して、彩海自身が言った快感が変化した母乳が今にも噴...
タイトルとURLをコピーしました