今まで何度も彩海に服を脱がされてきたが、これははじめて見た芸当だ

「彩海さん、犬になってるよ」
「わたしみたいな女は、犬になるのが基本でしょう」
顔を下げて、尚樹のポロシャツの胸のボタンを口に咥える。
「ちょっと、くすぐったいよ!ええっ!?」
彩海が口からボタンを出すと、きれいにはずされていた。今まで何度も彩海に服を脱がされてきたが、これははじめて見た芸当だ。