舌が肛門をまさぐっていた。窄まりの表面にたっぷり唾液をのせて、円を描く

「そのまま、全部注ぎ込みなさいね」
背中から彩香の声が聞こえた。佑二は首を回して背後を見た。彩香が佑二の下肢に覆い被さっていた。尻肌に舌を這わせてくる。
「彩香さん、なにをっ」
「種付けのお手伝いよ。会陰の方から刺激をしてあげる」
チロチロと尻肌を舐めていた彩香だが、尻たぶを大きく開いてその内にも舌を潜らせてきた。
「えっ、ちょっと、彩香さん、待ってっ、あんっ」
佑二は声を震わせた。舌が肛門をまさぐっていた。窄まりの表面にたっぷり唾液をのせて、円を描く。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!