詩織のEカップに触れながら、第二ボタンと第三ボタンを外した

雅也は詩織のEカップに触れながら、第二ボタンと第三ボタンを外した。すると突然、ブラウスの合わせ目に空間が生まれ、真っ白な素肌と紫色の生地が姿を現してしまった。(あ、あああっ!この生地は絶対に、詩織さんのブラだ!)発色は極めて鮮やかで、紫というよりはヴァイオレットという表現がぴったりだ。詩織が完璧にアダルトなランジェリーを身につけているのは明らかで、どうしても雅也の脳天は沸騰してしまう。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。