さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ

再び朱唇が、乳首に吸いついてくる。同時に、ピチピチしていながらも、むっちりやわらかい太ももが、むぎゅぎゅっと俊輔の腰部を挟み込んだ。さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ。
密着したふかふか部分が、千夏のヴァギナであると思うと、余計に昂奮が加速する。腰を突きあげたい衝動に駆られたが、ギプスに制約されているためままならない。もどかしくも、やるせなく、それでいて恐ろしく気持ちのいい圧迫だった。