さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ

再び朱唇が、乳首に吸いついてくる。同時に、ピチピチしていながらも、むっちりやわらかい太ももが、むぎゅぎゅっと俊輔の腰部を挟み込んだ。さらにその体勢で、お尻を後ろに突き出すようにして、ショーツのクロッチ部分と勃起との密着を強めてくれるのだ。
密着したふかふか部分が、千夏のヴァギナであると思うと、余計に昂奮が加速する。腰を突きあげたい衝動に駆られたが、ギプスに制約されているためままならない。もどかしくも、やるせなく、それでいて恐ろしく気持ちのいい圧迫だった。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!