ヒップを上げ、肉棒を自ら肉裂へとあてがった

「こんどこそ、静羽の膣に挿れてほしいから。ううん、挿れちゃいます。ウフフ!」
笑うと、身体をずらして広海の腰に跨る。ヒップを上げ、肉棒を自ら肉裂へとあてがった。ニュチャ……。濡れきった静羽の熱い湖が、早くも亀頭をくわえ込む。
そのままニチャニチャ、クチャクチャと、肉棒で膣前庭をかき回す静羽。肉芽にも何度も押しつけて、
「ァアア、気持ちいいんです。おちん棒って、こんなに……好き、大好きっ!」
小さくのけ反った、と思うと、
「ううああ、挿入って……」
ズリュ、ズリュリュリュリュ……。静羽は体重を被せると同時に、押し込まれていく。濡れまみれた膣洞が、蓋を被せるように広海の肉棒を呑み込んだ。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。