天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内を真空にして乳暈ごとバキュームしてやる

見ているだけではたまらなくなり、俊輔も空いている側の乳房に吸いついた。
「ああ、そんな俊くんまでぇ……」
天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内を真空にして乳暈ごとバキュームしてやる。
やわらかい乳肉が、うぶぶぶぶっとバキュームに震えながら乳臭い甘みと共に、口腔いっぱいに拡がった。