たわわに実り過ぎている肉乳が、健太の大きな手に、いきなり鷲掴みにされていた

「ああん、健太ちゃん……」
たわわに実り過ぎている肉乳が、健太の大きな手に、いきなり鷲掴みにされていた。愉悦の電流が全身に拡散していく。思わずなやましい声が出る。
「ああ、そんなに激しく揉んではだめ……」
吐息が淫らな喘ぎ声に変わっていく。このままじゃ、制御できなくなる、と思いながら、久しくなかった男の手による感触の刺激に、由美は一気に昂ぶっていた。
「はひぃーーん、ああっ、あうっ……健太ちゃん、ああ、ママのおっぱい、舌で舐めちゃ、ああ、だめ……」
舌先から送られる鋭い刺激が、眠っていた愉悦を掘り起こす。
(それにしても健太ちゃん、たった一度の初体験で、こんなにも上手に……)
闇雲に肉乳を舐っているようで、しかし、健太の舌は的確に由美の官能のツボを刺激してくる。由美は喘ぎながら、健太の男としての資質に驚嘆していた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。