あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた

恵里子は総身を反らせて悲痛に呻いた。
「ほほう。なかなか敏感なんだな。えっ?どうする。こうしてやろうか……」
先ほどまでの昂りきった口調が影を潜めたのが不気味だ。不敵に落ちついた物腰で奥寺は告げた。肛門を捕らえた魔指の先端がグリグリと圧力を加えてきた。
「イヤッ。やめてええっ」
魔指を咥えたお尻をくなくなと振り乱し、恵里子は哀訴を絞った。その間もグイッ、グイッと肛門を押しこまれる。押しこむのみならず、あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた。肩から背中にかけて鳥肌にびっしり覆われていく。ゾクゾクゾクッと悪寒が足下から這いあがった。