たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。

「たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。若いんですねぇ」
吐息がかかるほど近い位置から見入りつつ、硬い尻肉に両手の指先を立てた。ただでさえ硬質の尻は、羞恥からか梅崎の指を受けつけぬぐらいに強張りきっている。
「やめてよっ。やめてっ」
とうとう耐えかねたと見え、珠実はかぶりを振りつつ尻をも激しく振り乱す。顔が右を向けば尻は左へ、顔が左なら尻は右へ、と梅崎の眼前でめまぐるしく踊る。
「これがやめていられますか。よくもあの時は私を痴漢呼ばわりしてくれましたね」
梅崎は珠実の傍らに立ち、硬く締まった尻割れに魔手を無理やり差しこんだ。そうして谷底にぴったり指先を這わせ、やがて行きついた肛穴に突きたてる。グリグリとからかうように小突きまわすと、磔の肢体はキリキリと胴震いを露わにした。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!