敏感すぎる牝芯を揉みこまれて、上ずり声を噴きあげずにはいられない

ところが恥辱は終わりではなかった。暴きだした肉扉の奥の一点を、魔指がクリクリと小突きまわしたのである。唐突な体感が総身を震撼させる。
「あひっ……さ、さわらないでっ……あ、ひいいっ……」
敏感すぎる牝芯を揉みこまれて、上ずり声を噴きあげずにはいられない。腰かけた女体がガクガクと勝手に揺らいだ。
「さすがは人妻だ。感じるべきところは感じるんだな。えっ?」
「ちがいますっ。感じてなんかっ」
恵里子は体感に身を疼かせつつ、反駁の言葉を振り絞った。そこで牝芯を勢いよく爪弾かれた。
「ひいいいーっ!」
バチバチッと牝芯が弾け飛ぶかというほどの激烈な体感が迸る。反射的に息が詰まり、天を仰ぐ。健気に後頭部で組まれていた両手が、ついにはらりと綻びた。