今まで目にしたことがないほど豪華な、巨大な乳房を包むに相応しいフルカップのブラジャー

いい夢を見せてあげるからと、抒情的な眼差しで甘く囁きかけると、志穂は慎也の前に立ち、スリップドレスのストラップをゆっくりと、手のひらで肩を撫でつけるようにおろしていった。
「…………」
今まで目にしたことがないほど豪華な、巨大な乳房を包むに相応しいフルカップのブラジャーに、慎也は惚けたように唇を開き、その光景にしばし見とれた。
胸には元来興味が薄いタチだが、純白のカップにあしらわれた金色の刺繍も煌びやかで、今にもブラジャーから零れ落ちそうな肉房の実りも圧倒的で、むしゃぶりつきたくなるほどの魅力にあふれていた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。