分厚い輪ゴムでくびられているような、強烈な食いつきは肛門でしか味わえない心地よさだった

分厚い輪ゴムでくびられているような、強烈な食いつきは肛門でしか味わえない心地よさだった。直腸内は意外に広く、甘美な摩擦は楽しめないが、豊麗な美臀の谷間に恥骨までもが抱かれ、下腹までもが愛撫されているようで、女体との一体感はむしろ膣より高いように思えた。
強い快感が得たければ、括約筋の締まりで雁首をしごけばいい。耐えきれなくなったときには深く埋めれば、竿の付け根がググッと締めつけられて、射精をやり過ごすことができる。早撃ちの少年には具合がいい、膣よりも長くじっくり交尾が楽しめる肉器に、慎也はますます惚れこんでしまう。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。