豊麗な美臀の中心部に自らの肉杭が突き刺さっている光景はそれだけで

下腹を美臀に叩きつけ、夢中で若竿をピストンさせる慎也。
粘膜がビッタリと密着する膣とは異質の、心なしか空虚なハメ心地だったが、そんなことは関係ない。豊麗な美臀の中心部に自らの肉杭が突き刺さっている光景はそれだけで、尻フェチ少年を興奮させるに充分な刺激になった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。