いやはや丸出しにすると壮観、壮観。まるで大きな桃だ

「いやはや丸出しにすると壮観、壮観。まるで大きな桃だ」
「ふぅっ、うぅ!」
前触れなく左右の尻肉に手のひらを乗せた堂本が、嬉しげに囁く。彼の指が、尻肉に痛みが奔らぬ絶妙な圧で食い入り、揉み捏ねてきた。
「白桃、いや、桜色に染まって食い頃の、熟れ桃といったところかな」
先程ぶたれた部位を男の指腹が撫でさする。その都度、もどかしい疼きが真弓の内に蓄積していく。疼痛が快楽に成り代わるにつれ、尻のくねりも大振りに、恥を忘れ揺らぎだす。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!