加南子よりも分厚く発達した小陰唇はくすんだ紫に色づき、肉溝は真っ赤に熟れ爛れ

毒々しい媚肉の光景に、ザーメン混じりの先汁をちびらせる。加南子よりも分厚く発達した小陰唇はくすんだ紫に色づき、肉溝は真っ赤に熟れ爛れ、粘っこい愛液にまみれた女性器はまるで臓物がごとくグロテスクだった。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。