直腸の粘膜が膣襞のごとく亀頭にへばりつき、竿のいたるところが腸壁に愛撫される

一心不乱に腰を振り、若勃起をストロークさせる。淫母は尻の穴まで淫らだった。第二の性器といって違わない、加南子以上の名器だった。直腸の粘膜が膣襞のごとく亀頭にへばりつき、竿のいたるところが腸壁に愛撫される。強くもなく、緩くもなく、男根が心地よく括約筋に締めつけられて、ピストンすればするほどに旨味を増してくるのだから。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。