PR

閉じることを忘れた太腿の奥には、男たちの煮えたぎる精を注入された妖花が咲き誇っていた

御堂乱

「ああっ……」
「はああっ……」
うつ伏せで折り重なるように倒れ伏した志津子と知美は、味わわされためくるめく歓喜に汗ばんだ裸身をブルブルと震わせている。閉じることを忘れた太腿の奥には、男たちの煮えたぎる精を注入された妖花が咲き誇っていた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!