量感のある乳房が、広海の綿のスウェットパーカーに押しつけられる

そう言うとあかりはクルッと身を翻すように回して広海に正対すると、そのまま抱きついてくる。量感のある乳房が、広海の綿のスウェットパーカーに押しつけられる。水気がところどころ浸みてくる。あかりの手が、広海の胸をなで回し、その下へ降りていく。ためらわず股間に触れると、ぁ、と声を上げた。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。