脚を閉じようとする彩菜を許さず、逆にヒップがマットから浮き上がるほどに広げてしまう広海

「こ、こんなに脚、開かないといけないの?」
バスマットの上、仰向けの彩菜の脚を、大きなM字に開いていく。
「当たり前だよ。こうしないと、見えないだろ。彩菜の、ここ」
そう言って手を伸ばすと、広海の指が彩菜の肉裂に触れる。割り広げる。
「きゃぁ!や、やめてよ。さわらないで、開かないで、そんなところ」
脚を閉じようとする彩菜を許さず、逆にヒップがマットから浮き上がるほどに広げてしまう広海。それだけで、彩菜の肉裂が半ば以上も口を開けてしまう。中のサーモンピンクの恥肉をこぼれ出させていた。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。