か・開脚(股を広げる)

御堂乱

そんな知美が目の前で白い太腿を左右に開き、至近距離でパックリと秘密の花園をさらしている

気を失っている知美を昌平は後ろから抱きかかえた。 童女におしっこをさせるように膝の後ろをすくい上げ、大きく股を開かせた。 同時に竜二が浩の縄をつかんで引きずり、知美の正面に引き据えた。 「見るんだよ、おっさん」 白髪まじりの髪をつか...
庵乃音人

ザラザラした陰毛の茂みを通過し、その下で淫らに疼くクリトリスを指先で弾いた

「嘘……嘘でしょ、やだ、あたし……ああぁ……」 ついふとももを擦りあわせ、股間を締めつけるようなはしたない真似をしてしまう。思いがけず、強烈な快感電流が爆ぜた。ノーブラだった。Tシャツの布に乳首が擦れ、「あっ」とうろたえた声をあげる。勃起...
庵乃音人

激しく肉莢を擦ると、勃起した肉豆がズルリと莢から剥け、ピンク色の芽を晒した

想像のなかの貴史は「夏海……」と興奮した声で呼びつつ、股の間に身体を割り込ませた。夏海は雄々しく勃起したペニスの先端が肉ビラを掻き分け、膣穴のとば口に亀頭を密着させる様を思い描く。 「あぁ、だめ……初めてなの。あたし、経験ないの。お姉ちゃ...
北都凛

剥きだしの乳房はもちろんのこと、しどけなく開かれた下肢や濡れそぼった恥裂のアップまでもが撮影されていく

神谷はまったく悪びれた様子もなく、嬉々としてシャッターを押し続ける。 「酷いわ、神谷さん……あんまりです……うっぅぅっ」 後ろ手に縛られているので、裸体を隠すことはできない。香織にできるのは恥辱の涙を流すことだけだ。 剥きだしの乳房は...
北都凛

うっすらと陰毛が茂る股間に、神谷の無遠慮な視線が這いまわる

「これが仁科夫人のアソコですか。すごく綺麗ですよ」 うっすらと陰毛が茂る股間に、神谷の無遠慮な視線が這いまわる。ぴっちり閉じられた太腿と恥丘が形作る三角地帯を、まさに舐めるように視姦するのだ。 「さあ、もっとよく見せてください」 ほっ...
小鳥遊葵

健太の熱い吐息が割れ目全体にかかる。そのたびに、大小の肉びらが反応しているのが由美にもわかった

「ああっ、そ、そんなに拡げちゃ、ああっ、だめーーーっ」 逞しい健太の力には敵わない。いくら太ももに力を入れ、逃れようとしても、健太の若い勢いの前には、隠そうとする股間も簡単に正面に向けられ、一気に淫裂があからさまになる。 「ママ、凄い…...
鳴瀬夏巳

恵里子は脚をまっすぐに開いたまま俯せの姿勢となった。無論、これでお尻は谷底まですっかり露わとなる。

恵里子の両足が捕らえられ、クルリと身体を仰向かされる。二人の男が左右それぞれの足を持って、恵里子の股間を開いていく。瞬く間に脚はほぼ百八十度まで開いた。また上体を起こされ、前方へと押しやられる。恵里子は脚をまっすぐに開いたまま俯せの姿勢とな...
鳴瀬夏巳

靖代の左脚を抱えあげた。膝裏を持たれ、股間を大きく開かれていく。

ところがやがて奥寺の左腕がスルスルと滑り落ち、靖代の左脚を抱えあげた。膝裏を持たれ、股間を大きく開かれていく。靖代は片足立ちの体勢を強いられた。
鳴瀬夏巳

次いで左右の足を大きく開かされ、同様に固定される

男は左手をもフェンスの上のほうに結わえた。次いで左右の足を大きく開かされ、同様に固定される。理香の身体はフェンスにへばりつく形で大の字となった。
鳴瀬夏巳

壁に背を凭れた姿勢で、徐々に股間を開いていく

「股座を開けと言ってるんだよ」 「あ、ああっ……わかりました……」 怖ずおずと恵里子の手が動いた。白魚の指が膝の内側に添えられる。壁に背を凭れた姿勢で、徐々に股間を開いていく。濡れそぼった下草が露わとなる。生々しい陰部が視界に入ってくる...
タイトルとURLをコピーしました