添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた

「いいのよ。すっきりしていいの。そのためにこうして口でしてあげているのだから。私が飲んであげるわ……」
ゾクゾクするほど色っぽい上目遣いで、放出を了承する深佳。またすぐに、勃起に舞い戻った朱唇は、口腔粘膜全体でぬるぬると締めつけてくる。添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた。
「うううっ!も、もう射精ちゃいます!!」
熱い衝動が背筋を駆けのぼる。頭の中に閃光が走り、牡のシンボルが溶解していくのを感じた。腹筋にグイッと力を入れてトリガーを引き絞る。ぐぐぐっと肛門を閉じ、太ももやふくらはぎも痙攣せんばかりに緊張させた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる... 口腔の温もりと、ぬるりとした粘膜の快感に、俊輔は歓喜の声をあげた。 「ほふぅっ……ふむん……ひゅん輔くんのおひんひん……ちょっと苦ふて、しゅっぱひ……はむうん」 深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる。さらには、尖らせた舌先で鈴口を抉られた。 「ぐううっ、み、か…...
フェラチオとクンニリングス、アナルなめのトライアングルだ... 「……んく、んく、ぅぅ、ん!」 いっぽうの彩菜は、広海のクンニリングスに乱されながらも、けんめいに肉棒を呑み込み、顔を上下させての抽送まで。フェラチオとクンニリングス、アナルなめのトライアングルだ。しかも広海の肉棒と肛門をなめしゃぶるのは、実の母と娘というこれもまた色濃い繋がり。...
やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる... 口いっぱいにひろがる初体験の旨味に、甘酸っぱい義母のエキスにますます情火を滾らせながら、長々と伸ばした舌をヌップリと膣内に挿入する。 「はんぅ……そ、そう、うまいわ、慎ちゃんとても上手ぅ、ん、んんんっ!」 加南子もすかさず若竿にしゃぶりつく。ずる剥けの亀頭を頬張り、静々と頭を上下させ、血管が浮き...
ねっちょねっちょと卑猥な水音を響かせて、肉棒を咥え込んでいる... ねっちょねっちょと卑猥な水音を響かせて、肉棒を咥え込んでいる凪子の顔には恍惚の表情が浮かんでいる。
わざと音を立てて吸引するナミの目線が不意に揺らめき... わざと音を立てて吸引するナミの目線が不意に揺らめき、高く積まれた岩壁越しに覗き込む女将の瞳を捉える。覗きに気づいたその上で舌の動きを見せつけるナミが、唾を垂らした。護はただただされるがままに享受して、垂らされた唾を喉鳴らして収めてしまう。妻の目に情けなく映る夫は、剥き出しの男性器を弾ませてもいた。...
ふぐりをソフトに揉まれているせいで肉棒が引っ張られ... ふぐりをソフトに揉まれているせいで肉棒が引っ張られ、亀頭がいっそう鋭敏になっていた。そんな状態でねろねろとカリを舐めしゃぶられては、もう限界もいいところ。...
太い肉棒を無我夢中で吸いつづけた小さな唇は、逆流してきた粘っこい乳液状のザーメンにまみれている... 知美は青ざめた頬を涙で濡らしながら、グラグラとかぶりを振った。 尊敬する義父、姉とも慕う召使いの弥生の、まさに野獣のそれとしか評しようのない狂気の振る舞い。純真で潔癖な女子高生の受けたショックは計り知れない。 ハアッ、ハアッ……。 主人である浩の吐精を胃の腑に流しこんだ弥生は、火照ったポニーテ...
貴和子は広海の肛門から会陰や陰嚢経由でたっぷりとなめあげ、肉幹を遡って亀頭までもたどり着く... 広海が彩菜の肉裂深く掘り上げるように舌を使えば、 「チュ、チュパァ……レロォ」 貴和子は広海の肛門から会陰や陰嚢経由でたっぷりとなめあげ、肉幹を遡って亀頭までもたどり着く。...
美波のショートパンツを剥ぎ取る 舌粘膜が凪子の口内を掻き回す水音に負けじと、美波がペニスを啜り上げる。くらくらと眩暈がするかのような快感に迫られながらも、美波のショートパンツを剥ぎ取る。グレーのショーツもあわせて降ろすと、タンクトップを捲り上げ、スポーツブラも外した。...
亀頭のクビレまでたどり着くと、凪子はようやく唇から舌を出してちゅるりと一周舐め回した... 亀頭のクビレまでたどり着くと、凪子はようやく唇から舌を出してちゅるりと一周舐め回した。ザラッとした舌触りが、快楽神経の集中しているクビレ部分を舐り、強烈な快感を呼び起こす。...