添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた

「いいのよ。すっきりしていいの。そのためにこうして口でしてあげているのだから。私が飲んであげるわ……」
ゾクゾクするほど色っぽい上目遣いで、放出を了承する深佳。またすぐに、勃起に舞い戻った朱唇は、口腔粘膜全体でぬるぬると締めつけてくる。添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた。
「うううっ!も、もう射精ちゃいます!!」
熱い衝動が背筋を駆けのぼる。頭の中に閃光が走り、牡のシンボルが溶解していくのを感じた。腹筋にグイッと力を入れてトリガーを引き絞る。ぐぐぐっと肛門を閉じ、太ももやふくらはぎも痙攣せんばかりに緊張させた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

腰を持ちあげるようにして肉棒を女子高生の口に突進させる... 椅子に座っていて、美少女の唇はペニスの真上にあるから、いわば騎乗位の格好になる。腰を持ちあげるようにして肉棒を女子高生の口に突進させる。加奈子は全く嫌がらず、少年の暴走を完璧に受け止める。あっという間に雅也は臨界点に達した。...
あらあら、彩菜ちゃん、ほんとう、おち×ぽが好きなのねぇ... 「んく、んく……じゅ、じゅぷ、じゅぷ……!」 顔をぶつけるような、激しいフェラチオ抽送をし始めてしまう彩菜。 「あらあら、彩菜ちゃん、ほんとう、おち×ぽが好きなのねぇ。ウフフ」 間近で見ていた貴和子が驚き、つい笑みを漏らす。...
ひゃん!ひっ……!お、お尻の穴、なめちゃダメぇ!そこは恥ずかしいから、見てもダメなのにぃ、... 広海の舌先は彩菜の膣孔にまで突き込まれ、浅く膣襞もなぞりあげていく。かと思うと、肛門にまで届いて、さっきのお返しとばかりなめ回した。 「ひゃん!ひっ……!お、お尻の穴、なめちゃダメぇ!そこは恥ずかしいから、見てもダメなのにぃ、ぁああ……んっ、んぅぅ!」 だが彩菜も負けてはいない。果敢にまた、広海...
勃起のために固く引き締まった玉を包み込み、まるで精液を竿に送るかのようにリズミカルに動く... 詩織の指は、とうとう本気を出した。何しろ、これまで空いていた左手が睾丸を触ったのだ。勃起のために固く引き締まった玉を包み込み、まるで精液を竿に送るかのようにリズミカルに動く。おまけに雅也が大量の先走りを垂れ流しているため、それがローションのような役割を担う。指だけでなく、手全体が滑らかに上下する。...
唇を半開きにすると、ちゅるちゅるっと肉竿を頭から飲み込んでいった... 凪子は唇を半開きにすると、ちゅるちゅるっと肉竿を頭から飲み込んでいった。湿った粘膜に包み込まれてペニスにじんじんと愉悦が奔る。頬を内側にへこませてのバキュームフェラで啜り上げられ、精子がぐぐぐと睾丸から精道へ迫り上がっていく。カメラを意識して上目遣いでこちらにちらちらと送る視線が悩ましく色っぽい。...
棹の根元部分まで花穂子の紅唇は到達し、陰毛と擦れていた... 「うう、すっぽり入ってる。ママってフェラチオ上手だったんだね」 佑二が感激の声を漏らしていた。棹の根元部分まで花穂子の紅唇は到達し、陰毛と擦れていた。...
彩海は亀頭をしゃぶりながら、静子先生のリアクションを見つめた... 自分の唾液でむせはじめる姿が、また愛らしい。尚樹は亀頭を彩海に咥えさせたまま、彩海は亀頭をしゃぶりながら、静子先生のリアクションを見つめた。 しばらくして女教師が静けさを取りもどすと、彩海が口から亀頭を吐き出した。表面から精液がきれいに舐め取られ、かわりに唾液でキラキラしている。...
唇とリズムを合わせて輪にした親指と人差し指で擦り上げる... 美波はちえりに導かれるままに、剛直の根元にほっそりとした指を添えると、陰茎の上を行き来する唇とリズムを合わせて輪にした親指と人差し指で擦り上げる。少しだけ剛直の扱い方に慣れてきたのか、美波は陰茎に這うように浮き出した血管をマッサージしたり、舌を大胆に動かしてカリ首の快感神経が集まっているところを刺激...
ツルンッと亀頭が口に含まれ、雁の段差が唇で締めつけられる... ツルンッと亀頭が口に含まれ、雁の段差が唇で締めつけられる。 (これってつまり、明日の……予行演習なのかな?) 初めて迎える夜に思いを馳せながら、静々と腰を落としてゆく。女蜜に蕩けた媚肉をしゃぶり、青筋張った怒張を中腹まで口内に埋めこむ。...
上から被さったHカップバストが、太ももや脇腹に当たってプニプニとたわむ... ペニスを口いっぱいに頬張りながらも、宣英の快感の表情を窺う上目遣いの横顔が淫らだ。上から被さったHカップバストが、太ももや脇腹に当たってプニプニとたわむ。...