硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた

(あっ、健太くんのお魔羅が……)
それは信じられない勢いだった。硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた。
(ああ、お魔羅の先から、先走りのお汁が湧いている……)
下腹を濡らす先走り汁を、自ら腰を回して周囲の肌に擦りつける。
「ああ、そ、そんな……」
その刺激に女のように身悶えする健太をさらに強く抱きしめながら、留美子は健太の口中に挿し入れた舌で、戸惑っているような健太の舌に絡み、ねっとりと吸う。
その直後のことだった。
「あぅっ、健太くん……」
「る、留美子さん、ぼ、僕……」
留美子の下腹に揉まれていた肉棒が激しく嘶いたと感じた瞬間、生温かい液体が噴出し、それは瞬く間に留美子の下腹全体をぬるぬる状態にしていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。