キス

庵乃音人

スク水の布の感触と、そのなかで息づく豊満なおっぱいの柔らかさを今度は胸板に感じ、一気に体熱が上昇する

夏海は熱烈に、貴史の身体を掻き抱いた。スク水の布の感触と、そのなかで息づく豊満なおっぱいの柔らかさを今度は胸板に感じ、一気に体熱が上昇する。 「な、夏海ちゃん……あっ……」 「貴史……貴史の馬鹿……んっ……」 言いながら、狂おしい勢い...
葉川慎司

瑞穂は優しく舌をくねらせ、祐司の口腔をゆっくり掻き回した

すっと瑞穂の顔が近づき、唇が祐司の唇に重なった。生クリームのようにとろけてしまいそうな、やわらかな唇だ。 祐司は間近に迫った瑞穂の顔を見ていることができず、反射的に両目を閉ざした。唇に伝わってくる瑞穂の朱唇の感触が、より艶めかしく沁みこん...
庵乃音人

泡まみれの手による志摩子の手コキもパイズリも、口腔粘膜と舌による口奉仕も、自慰とは比べものにならない気持ちよさだった

「あぁ、感じる……お腹に……貴ちゃんの温かくて硬い、逞しいおちんちんが……」 暗闇のなかで瞳を潤ませ、身体をねじって貴史の頬を撫でながら、感極まった調子で志摩子が言った。「キスして」と言われ、膣奥深くまでペニスを埋めたまま、またも爛れた接...
庵乃音人

貴史は挑むように盛りあがる巨乳を片手で掴み、ねちっこい手つきで揉みこねた

貴史は上体をねじって手を伸ばし、紐を掴んで明かりを消した。 すると志摩子が身体を反転させ、貴史の首に腕を回し、唇を押しつけてくる。 突然暗くなり、しばらく戸惑ったが、やがて目が慣れてきた。窓から差し込む月明かりが、志摩子を闇のなかに青白...
庵乃音人

人生初体験の生乳房は、とろけるように柔らかく、しかもずしりと重かった

「志摩子さん!」 湯船のなかで身体を反転させ、全裸の女体にむしゃぶりつく。貴史に掻き抱かれた志摩子は「あぁ……」と溜息を漏らし、背筋を仰け反らせた。 夢中になって唇を押しつける。志摩子はくぐもった呻きを返し、自らも貴史の口を求めた。ちゅ...
御堂乱

人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる

人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる。無数の柔襞が妖しくうごめいて剛直に絡みつき、竜二の腰を痺れさせた。本人は気づいていないようだが、一万人に一人いるかいないかの、まぎれもない名器だった。 「キスしようぜ、奥さん」 迫ってきた男の口...
御堂乱

舌と唇で柔肌を愛撫しつつ、腰ピストンを少しずつ強めていく

ゆっくりと腰を使いながら、竜二は人妻の唇を奪おうとした。 「い、いやっ」 肉悦の渦に巻き込まれつつも、まだかろうじて理性が残っている。志津子は火照った顔を懸命に振って男の唇を避けた。 竜二は焦らない。陰湿な上目遣いで反応を窺いながら、...
小鳥遊葵

馬乗りになった若い女の尻が激しく上下し、その女は背を弓なりにして、健太の肉棒から送り込まれる愉悦に身を震わせていた

「えっ!?だ、誰?健太……」 「健太ちゃん、あなた……」 三人の男女の声が交差する。 由美は信じられない光景を目にし、二の句が継げなかった。 (履物がなかったから、健太ちゃん、一人だと……。それにしても、なんて、積極的な……) 由...
小鳥遊葵

健太は狙いを定めて、まだ二人の体液でぬるぬるしている肉棒を、そのまま割れ目の中心に挿し込んできた

(ああ、私って、いやらしい……。ああん、健太ちゃんったら、また……) 後ろに重なったままの健太の腰が再び動き始める。自然に吐息が甘く、熱くなる。 「け、健太ちゃん……。今度はママの上に乗って、して……。由美、上から健太ちゃんに支配されな...
小鳥遊葵

あなたのその大きな肉棒で、ママをザクザクと突いて……ああ、いい……

「ママ、ごめん……。ああ、ママのおま×こ、凄いよ……。まったりとぼくのち×ぽを咥え、全体を締めつけてくる……。気持ち、いいよ、ママ……。ママ、お願いだから、僕を心でも、受け入れて……。ああ、ママ、凄い、締めてる……」 (私たち、ああ、とう...
タイトルとURLをコピーしました