留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた

健太がさらに腰を進めると、一気に膣奥まで届き、迎えに降りてきていた子宮の軟骨の輪のような入口に、膨らんだ亀頭を擦りつけて、健太は喜悦の声をあげていた。
「お、大きくて、太い……。ああん、教えるつもりの私のほうが、あああ、夢中になりそう……。最高だわ、健太くんのお魔羅……」
肉棒の先端の動きが齎す桁外れの愉悦感に、留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

足の動きに合わせて左右にくねる尻たぶ... ベッドサイドから廊下へ出るまでの短い距離を進む間にも、足の動きに合わせて左右にくねる尻たぶを、尚樹はじっと見つめた。...
馬乗りになった若い女の尻が激しく上下し、その女は背を弓なりにして、健太の肉棒から送り込まれる愉悦に身... 「えっ!?だ、誰?健太……」 「健太ちゃん、あなた……」 三人の男女の声が交差する。 由美は信じられない光景を目にし、二の句が継げなかった。 (履物がなかったから、健太ちゃん、一人だと……。それにしても、なんて、積極的な……) 由美が茫然とするのも無理はない。目の前で、健太に馬乗りになった...
尻奥を探るように切っ先でかきまわすと、比佐子はもう耐えられないという感じで巨尻を振りたくった... 卑猥に腰を使いつつ、奥寺は勝利の実感に酔いしれた。巨大な尻に肉刀の突き刺さった光景は、じっと見下ろすだけでいやが上にもリビドーを刺激される。腰を送るたびに下腹が尻肌と当たり、ペタッペタッと餅つきを思わせる響きがあがる。 腰をせりだし、下腹と巨尻を密着させ、今度は小刻みに尻奥を穿ちはじめた。刀身はす...
たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。... 「たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。若いんですねぇ」 吐息がかかるほど近い位置から見入りつつ、硬い尻肉に両手の指先を立てた。ただでさえ硬質の尻は、羞恥からか梅崎の指を受けつけぬぐらいに強張りきっている。 「やめてよっ。やめてっ」 とうとう耐えかね...
ふるんふるんとお尻が二つ左右に揺れて部屋を出ていく... 「じゃあ、なっちゃん、あとはお願いするね」 ふるんふるんとお尻が二つ左右に揺れて部屋を出ていくのを、俊輔は飽きることなく見送った。...
健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑って... (そうよ、健太くん……。まずはお口で受け止め、ごっくんしてあげたでしょう……。次はおま×こで健太くんの種ミルク、絞ってあげるの……。そして、いろんなことを教えた後に、留美子、健太くんにお尻の孔の味も教えるつもりでいるのだから……) その思いが尻の動きに反映されていた。健太の舌を避けるようにさらに尻...
犬の鳴きまねをして、四つん這いの尻を左右に揺らし、存在しないしっぽをふってみせた... 彩海は甘えた犬の鳴きまねをして、四つん這いの尻を左右に揺らし、存在しないしっぽをふってみせた。 尚樹は友人の飼っている柴犬を思い浮かべて、両手で彩海の顎の下をなでまわしてやる。...
肉棒が打ち込まれるたび、そのシワがきれいな丸を描いた彩菜の菊門がひしゃげる... 「きゃっ、ん!お、おちん×ん、奥まで……ぇ!ぁん!ひゃ、ん!」 そこから先は、ズチズチ、ヌチヌチと肉棒を引いては突き込む。彩菜の膣洞いっぱいに肉棒がこすりあげ、入り口から奥までみっちり満たしては突き上げる。 ズリャ、ズリャ……ズチャ、ン!突き込まれると肉裂が押し込まれ、引き抜くと肉棒にからんだ小...
勢いよく持ち上げた巨尻の肉が、追いすがった男の腰に打ち叩かれ、喜悦に震えながらたわむ... 勢いよく持ち上げた巨尻の肉が、追いすがった男の腰に打ち叩かれ、喜悦に震えながらたわむ。とうに馴染んだ腸粘膜が、男根の律動にピタリと合わせた締め付けを披露して、より多くの先走り汁を啜り取る。腸液と先走り、男女の分泌液が撹拌された結果。とろみの増した腸内はいっそう摩擦を享受しやすい環境に整っていく。...
肉厚の大きな尻が、円を描くように左右にうねり、健太の舌から受ける愉悦を甘受し始めていた... 「健太ちゃん、だ、だめぇ……。ママが、ママがしてあげるから……」 (健太ちゃんが、私のあそこに舌を使おうとしている……。だめぇ、そんなことされたら、私、あああ、どうにかなってしまう……) 由美は渾身の力を全身に込め、健太の舌から逃れようとする。 「ママ、お願いだから、力を弛めて……。だって、約...