留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた

健太がさらに腰を進めると、一気に膣奥まで届き、迎えに降りてきていた子宮の軟骨の輪のような入口に、膨らんだ亀頭を擦りつけて、健太は喜悦の声をあげていた。
「お、大きくて、太い……。ああん、教えるつもりの私のほうが、あああ、夢中になりそう……。最高だわ、健太くんのお魔羅……」
肉棒の先端の動きが齎す桁外れの愉悦感に、留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

あかりのヒップが大きく震える。と同時に、ジュワッと蜜があふれ出した。... さらには肉芽だけをねらい撃ちに、さんざんになめころがしたあとは、唇をすぼめて強く吸い上げる。 「ヒッ、ン!く、クリトリスばかり、なめちゃダメ、そんな強く、吸っちゃ……ダメぇえ!ホォォ!」 ビクッ、ビクン! あかりのヒップが大きく震える。と同時に、ジュワッと蜜があふれ出した。...
動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている... 「そ、そんなっ……イヤッ……イヤよっ……」 びくついた声音が返った。 奥寺は後ろから体を密着させた。アナルバイブを膣洞に挿入しつつ、肉刀を美尻に突きつける。スレンダーな肢体がおののき、美尻が左右に打ち振られた。 「いい加減にあきらめな。こっちは明日の朝までかかったってかまやしないんだ」 「ほ...
たわわに実った桃かメロンを割ったように、深く大きな尻割れが露出した... 奥寺はスパッツをつまみあげ、シームに刃先をあてがった。 比佐子が巨尻を揺すりだした。まるでイヤイヤをする子供のように、奥寺の目前で巨尻が右へ左へ小刻みに振られる。 「動くなと言ってるのがわからないのか」 「そ、そんなっ……あ、あああっ!」 ビリリッと刃先がスパッツを裂く微音がして、白い尻肌が...
たっぷり脂が乗って、弾力に富んだ肉感は女尻でしか成し得ない最上の質感だった... 慎也はいつしか痴漢のごとき手つきで豊麗なヒップをさすりはじめてしまう。歩を進めるたびにムチムチと肉山が揺れて、柔らかなゴム鞠に似た感触がありありと手のひらに伝わってくる。たっぷり脂が乗って、弾力に富んだ肉感は女尻でしか成し得ない最上の質感だった。いいや、手触りよりなにより、憧れてやまなかった義母の豊...
留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる... 健太は淫裂から舌を退け、両手に抱えている留美子の尻を回した。 留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる。浴槽の縁に両手をついて尻を向けたとき以上に、裂口が上を向いていた。 (滾っている……。留美子さんの蜜が、滾って火口から噴き零れる、マグマ...
幸福きわまりない面持ちで、シーツの上で裸の尻を上下にくねらせる... 尚樹はあわてて肛門からペニスを引き抜くと、ベッドから跳び下りようとした。だが腰と足が言うことを聞かず、背後にひっくりかえってしまう。尻を埋めていた男根を引き抜かれて、彩海はもう一度絶頂へ押し流された。 「あはあっ、イクっ!!」 幸福きわまりない面持ちで、シーツの上で裸の尻を上下にくねらせる。身体...
ダイナミックに盛り上がった肉の桃が、無数の雫を滴らせてプリプリと左右に揺れた... いきなりこちらに背中を向け、ゆっくりと腰を下ろそうとした。それはすなわち、啓太に向かって尻を突きだす大胆すぎる挑発ポーズ。二つの肩胛骨がくぽっと浮き上がり、背筋が撓んで背骨のラインに濃い影ができる。何一つ遮るもののない剥きだしヒップが、ググッとこちらに急迫した。エロチックに突きだされる臀肉の形は、仲...
くびれたウエストを掴むと、ずぶずぶっと腰を沈めていった... くびれたウエストを掴むと、ずぶずぶっと腰を沈めていった。まずは亀頭から、めりめりと押し開くように狭穴に肉棒が埋まっていく。根元まで埋まったところで、その甘い熱感にぶるぶると腰が震えた。粒立った襞壁が両脇から陰茎をざわざわとくすぐり、奥からしとどに溢れてくる熱い愛液が亀頭に降りかかり濡らしていく。その...
割れ目を直接堂本の指に捏ねられて、火照りの増した尻肉が縦に跳ねた... 抗議しかけた真弓の唇から、ふやけた声が吐き漏らされた。膝下まで下ろされ裏返しとなったショーツの上に、蜜液が滴となって降り注ぐ。汁の出元である割れ目を直接堂本の指に捏ねられて、火照りの増した尻肉が縦に跳ねた。...
四つん這いの背中を、折るように反り返らせる静羽... 四つん這いの背中を、折るように反り返らせる静羽。白磁の肌にしっとりと汗が浮かんでいた。肩にかかったセミロングの髪が、濡れて張り付く。パンパンパン!パンパンパンパンパンッ!抽送とともに叩きつけられる広海の腰が、静羽のヒップを打ち付ける。 まるでスパンキングのような打擲音が響き、ヒップが震え、尻肉が赤...