留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた

健太がさらに腰を進めると、一気に膣奥まで届き、迎えに降りてきていた子宮の軟骨の輪のような入口に、膨らんだ亀頭を擦りつけて、健太は喜悦の声をあげていた。
「お、大きくて、太い……。ああん、教えるつもりの私のほうが、あああ、夢中になりそう……。最高だわ、健太くんのお魔羅……」
肉棒の先端の動きが齎す桁外れの愉悦感に、留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞... ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞は、童貞青年の妄想などとは比べものにもならない、慄然とする快さ。その狭さに驚いたと同時に、ため息の漏れそうなぬくみとぬめりと凸凹感にも恍惚とする。しかも卑猥な洞窟は、奥へ進めば進むほどいっそう細く狭まって、ムギュムギュと亀頭を揉み潰してくる。...
弥生はアヌスを剥きさらしにしたまま、突き出した双臀をゆっくりと左右に振りはじめた... 「ん?おおっ……ハハハ、勃ってやがる!こいつ、メイドのケツの穴を見て、チ×ポをおっ勃ててやがるぜ!」 「ち、違う……これは……これはその……」 浩は必死に言い訳しようとした。妻と娘の驚きの目がこちらに向けられたのが分かった。どっと冷汗が噴き出たが、勃起はいっこうにおさまる気配を見せない。二十四歳...
シックスナインに重なった貴和子を、その大きなヒップをつかんで四つん這いにさせると、一気に突き込んだ... 彩菜とシックスナインに重なった貴和子を、その大きなヒップをつかんで四つん這いにさせると、一気に突き込んだ。 「ンァァァアアアア!!は、挿入って、くるゥウウウ!」 絶頂の余韻に酔っていた貴和子の官能が、蹴飛ばされたように、再びピークを振り切っていく。 腰から砕けていた裸身を肉棒が貫くと、文字通り...
自分の分身に執拗にからみついてくる粘膜の快感を追って、ひたすら豊尻を突いて、突いて、突きまくった... 自分の分身に執拗にからみついてくる粘膜の快感を追って、ひたすら豊尻を突いて、突いて、突きまくった。突くたびに、彩海の尻は新たな表情を見せて、肉棒全体に快感の電流を通される。突くたびに、鮮烈な快感とともに、彩海の肉体の魅力にどんどん呑みこまれていった。ついに二度目の射精の欲求が、限界までふくらんだ。あ...
彩海の尻をなでまわし、太腿をさすり、ボディスーツの中心をまさぐる... 尚樹は再び、彩海の尻をなでまわし、太腿をさすり、ボディスーツの中心をまさぐる。レザーの硬さがアクセントになって、肌のやわらかさがいっそう楽しめる。 「ああん、また、むああっ、いいわっ!」 廊下によがり声を響かせ、尻を跳びはねさせながら、彩海は前へ進みはじめる。...
ぷりぷりと揺れる少女の尻が否応なく視界に映り込む... 幾度目かの嘆息をして真弓が目線を向けると、ぷりぷりと揺れる少女の尻が否応なく視界に映り込む。双臀に挟まる紐が何かの拍子によれたり、ずれてしまい、秘すべき部位が見えるのではないか。そう思うと、他人事ながら落ち着かない。自分の尻もそうなっているのではと不安を感じ、目線を落としてみたが、肩越しでは全容が掴...
双尻に襦袢が張り付いていて、白桃がぷりぷりと波打つように歩いていく... 意味ありげに寧々は笑い、ふいに俊輔の隣から踵を返した。 (うわあ、お尻まで透けてるぅ!!) 双尻に襦袢が張り付いていて、白桃がぷりぷりと波打つように歩いていく。木の枝にかけたままの羽衣と、緋袴を取りに向かったのだ。 未だ襦袢に水が滴るのも気に留めぬ様子で、その上に白衣を纏う。さらに緋袴に両脚を...
ひりつく肉棒を抜き差しし始めた いよいよ啓太は腰をしゃくり、ひりつく肉棒を抜き差しし始めた。木の根のように逞しい極太が快楽の洞窟に深々と食い込み、入口近くのぬめり粘膜を道連れにして、行ったり来たりを繰り返す。...
ギュッと押し付けるなり、ナミの勃起乳首が真弓の背筋を掃き扱く... 「ほら。オバさん。あんたの背中に当たってるあたしの乳首と比べてみ?あたしのも勃起してっけどさ、断然オバさんのがデカいっしょ。エロ乳首だよねぇ?」 ギュッと押し付けるなり、ナミの勃起乳首が真弓の背筋を掃き扱く。尖った触れ心地に愛でられて、むず痒さにも似たもどかしい衝動がまた、背を伝い腰の芯へと突き抜...
尚樹へ向けた四つん這いの豊尻をうねうねとくねらせて、彩海は微笑みながらまた亀頭に舌を這わせた... 「よかったわ。わたしも痛いのは苦手なの。好きなのは、恥ずかしいエッチよ」 尚樹へ向けた四つん這いの豊尻をうねうねとくねらせて、彩海は微笑みながらまた亀頭に舌を這わせた。 ぴちゃぴちゃという舌音とともに、尿意の迫る男根にじっとりと快感が染み入ってきて、尚樹はたまらず腰を浮かせる。...