香蓮の舌、ママや咲枝さんたちのようなねっとり感はないけど、でも、動きが凄い活発……

再び、香蓮は顔を近づけてくる。唇が合わせられた。健太はそれを受け入れようとしていた。
(だって、女のほうから迫られているのに、これ以上拒否したら、恥を掻かせることになる)
そう割り切った瞬間、健太の動きは積極的になる。半開きで迫る香蓮の唇の中に、いきなり舌を挿し込んだ。
「うぅっぶ……。け、健太、最初から、舌を、捻じ込んでくるなんて……」
口ほどに体験数はないのかも知れない。不意に挿し込まれた健太の舌に驚いた香蓮は、慌てて唇を離すと、一瞬、怯んだような目を向けてくる。
「だって、キスしてって言うから……。ジョークだったのなら、僕はやめられるよ」
「健太って、案外生意気なのね。いいわ。気に入ったわ。受けてやろうじゃないの」
言葉が終わらないうちに、香蓮の顔が再び近づくと、今度は香蓮のほうから健太の口中深くにまで舌を挿し込んでくる。
(香蓮の舌、ママや咲枝さんたちのようなねっとり感はないけど、でも、動きが凄い活発……)
健太も負けてはいなかった。留美子も咲枝も、それに義母でさえ、健太のキスの濃厚さを褒め称えていた。舌を絡め合う。
「うううっ、は、激っげ、ひぃ……」
香蓮の膝が震えていた。香蓮も人並み以上に敏感な体質のようだった。健太は舌を駆使して、香蓮の口内を隈なく舐め回す。肉棒はすでに、極限状態だった。数分、舌を貪り合っていた。どちらからともなく唇を離した。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

蛙のように水を蹴る際に大開きする両足の付け根に、淫毛が藻のように揺れている... 「さぁ、これで二人とも、すっぽんぽん。ああ、気持ち、いいわね。健太ちゃん、少し、泳ごう……」 腰ぐらいまでの水深のところから、咲枝は沖に向かってダイブする。さすがに島育ちの女だけに、綺麗なストロークのクロールで、咲枝は沖に向かって泳ぎ始める。 (綺麗だ。水を蹴るごとにお尻が見えて、しかも、全裸で...
舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた... 「むふんっ……はふっ……ちゅちゅっ、れろん……ふぬぅ……ほふぅ」 ねっとりふっくらやわらかい舌粘膜は、寧々の膣肉を連想させてくれる。妄想を逞しくさせた俊輔は、彼女の口腔を貪るように舐め啜った。 「舌を……僕に預けて……突きだすようにして……そう」 差し出された紅い粘膜を、唇で挟み込み、やさしく...
ちゅっちゅっとキスをしてきた 佑二の頬を両手で挟むと、ちゅっちゅっとキスをしてきた。
触れては離れ、花びらのような唇を幾度も啄む... 「んんっ……あ、ふぅん…」 触れては離れ、花びらのような唇を幾度も啄む。そのたびに小さな鼻腔から愛らしい吐息が漏れた。 しっかりと閉じられた瞼の上で、儚げに長い睫毛が震えている。...
今度は貪るように唇を奪った 情動に突き動かされるまま、ぎゅっと抱き寄せると、今度は貪るように唇を奪った。唇の間に舌を差し込み、熱い唾液で満たされた口内にぬるりと侵入させる。まるで南国のフルーツのように甘くて瑞々しく、いつまでも味わっていたいような魅惑の感触だ。その美味をたっぷりと味わうように舌を使う。...
顔の全てにスタンプを押すようにしてキスを浴びせるうちに... 男子高生も女子大生も、唇以外の場所なら、ありとあらゆるところに唇を押し当て、キスの音を響かせた。頬、耳、鼻、顎……。顔の全てにスタンプを押すようにしてキスを浴びせるうちに、雅也も詩織も「ああああっ!」と官能を深くしていく。...
顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう... 顔中を唇に摘み取られ、どうしていいのか判らないのだろう。寧々の細腕が、がむしゃらに首筋のあたりに回された。胸板にあたる豊かな弾力が、瞼の裏に強く焼きつけてある魅惑のフォルムと重なった。しがみつく細腕をそのままに、自由な両手をその胸元へと運んだ。...
唇が、触れる。チュ。だったのか、ムニュ、だったか... いきなり唇が降ってきた。広海が顔をうつむけた、と思うと、あかりの顔にかぶさる。唇が、触れる。チュ。だったのか、ムニュ、だったか。それほどの一瞬だった。あかりが、顔を離したからだ。...
少年は両目をぎゅっと閉じ、ただ唇を押しつけていた... 継母は紅唇から、最後の抵抗を紡ぎ出した。佑二の顔が近づく。母と息子の唇が重なり合った。突然のキスだった。 (佑二さんと口づけを……) 少年は両目をぎゅっと閉じ、ただ唇を押しつけていた。鼻息は荒く、口元は強張っていた。佑二の緊張が花穂子にも伝わった。...
美波の唇に自分の唇を押し付けた 衝動に突き動かされるままに、美波の唇に自分の唇を押し付けた。ココアに浮かべたマシュマロのように甘くて温かな感触に優しく受け止められる。何度口づけを重ねても、その都度、新鮮なときめきと悦びを与えてくれる美波の柔らかな唇。その間から漏らされる、熱い吐息に誘い込まれるように、そっと舌先を差し入れると、ぬち...