香蓮の舌、ママや咲枝さんたちのようなねっとり感はないけど、でも、動きが凄い活発……

再び、香蓮は顔を近づけてくる。唇が合わせられた。健太はそれを受け入れようとしていた。
(だって、女のほうから迫られているのに、これ以上拒否したら、恥を掻かせることになる)
そう割り切った瞬間、健太の動きは積極的になる。半開きで迫る香蓮の唇の中に、いきなり舌を挿し込んだ。
「うぅっぶ……。け、健太、最初から、舌を、捻じ込んでくるなんて……」
口ほどに体験数はないのかも知れない。不意に挿し込まれた健太の舌に驚いた香蓮は、慌てて唇を離すと、一瞬、怯んだような目を向けてくる。
「だって、キスしてって言うから……。ジョークだったのなら、僕はやめられるよ」
「健太って、案外生意気なのね。いいわ。気に入ったわ。受けてやろうじゃないの」
言葉が終わらないうちに、香蓮の顔が再び近づくと、今度は香蓮のほうから健太の口中深くにまで舌を挿し込んでくる。
(香蓮の舌、ママや咲枝さんたちのようなねっとり感はないけど、でも、動きが凄い活発……)
健太も負けてはいなかった。留美子も咲枝も、それに義母でさえ、健太のキスの濃厚さを褒め称えていた。舌を絡め合う。
「うううっ、は、激っげ、ひぃ……」
香蓮の膝が震えていた。香蓮も人並み以上に敏感な体質のようだった。健太は舌を駆使して、香蓮の口内を隈なく舐め回す。肉棒はすでに、極限状態だった。数分、舌を貪り合っていた。どちらからともなく唇を離した。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……... (凄い、健太くん……) 留美子は両手で隠されたままに目の前に出た健太の股間を見て、息を呑む。健太の大きな手でさえ隠し切れない逸物だった。口内に唾が湧く。それを健太に気づかれないように嚥下しながら、留美子の目は健太の股間に注がれたままだった。 「健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん...
そのままついばむようにして、キスをしてきた... 濡れた唇は母に尋ねた。そのままついばむようにして、キスをしてきた。 「いえ、どうぞ、このまま……んむ」 ふっくらとした下唇が引っ張られる。花穂子の口元から涎が垂れ落ちた。手を使えない花穂子は、指で拭えない。...
ふたりの少女は仲睦まじく、互いのバストを触り合っては、ちゅっちゅっと口づけを交わす... びくんと身体を跳ねさせる美波のバストの、先端の可憐な乳首に、ちえりが指先を這わせた。ふたりの少女は仲睦まじく、互いのバストを触り合っては、ちゅっちゅっと口づけを交わす。身体の上で行われる美少女たちの饗宴に、宣英のテンションと射精熱はぐんぐんと上がっていくばかりだ。...
勃起した乳首が布越しに男の筋肉にこすれて、ピリピリッと快楽の電光が閃く... 彩海は両腕を、尚樹の汗の染みこんだTシャツの背中にまわし、自分の豊乳を少年の胸に押しつけた。勃起した乳首が布越しに男の筋肉にこすれて、ピリピリッと快楽の電光が閃く。 開いた両脚も持ち上げて、尚樹の裸の尻にまわして、少年が夢中で腰を上下させる手助けをしている。忘我の極みという表情を見せる尚樹の顔に、...
硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた... (あっ、健太くんのお魔羅が……) それは信じられない勢いだった。硬く、長大な肉の棒が、留美子の下腹のやわ肉に突き刺さるような勢いで、ヒクついていた。 (ああ、お魔羅の先から、先走りのお汁が湧いている……) 下腹を濡らす先走り汁を、自ら腰を回して周囲の肌に擦りつける。 「ああ、そ、そんな……」...
佑二は舌をまさぐり入れて、彩香の口内を舐め回した... 佑二は舌をまさぐり入れて、彩香の口内を舐め回した。彩香の舌が絡みついてくる。派手な音を立てて、ヌルヌルと巻きつけ合った。 (彩香さんのおくち、甘い) 上になった彩香の側から、佑二の口のなかに温かな唾液が流れ落ちてくる。佑二は喉を鳴らして呑み下した。唇の隙間からは、泡立ったつばが垂れこぼれた。...
口の中で舌をからませ、唾液をすするようなハードでディープなキス... ただ軽く触れるようなキスではない。すぐに唇を割って舌が入ってくる。広海の口の中で舌をからませ、唾液をすするようなハードでディープなキス。...
蛙のように水を蹴る際に大開きする両足の付け根に、淫毛が藻のように揺れている... 「さぁ、これで二人とも、すっぽんぽん。ああ、気持ち、いいわね。健太ちゃん、少し、泳ごう……」 腰ぐらいまでの水深のところから、咲枝は沖に向かってダイブする。さすがに島育ちの女だけに、綺麗なストロークのクロールで、咲枝は沖に向かって泳ぎ始める。 (綺麗だ。水を蹴るごとにお尻が見えて、しかも、全裸で...
温かくて柔らかでヌメヌメしたものが、またも啓太の唇に密着した... 温かくて柔らかでヌメヌメしたものが、またも啓太の唇に密着した。それが佳織の唇だと分かるまで、情けないことにしばらくかかった。...
左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく... 「まぁ、健太くんったら……。恥ずかしいでしょう、そんなこと……」 留美子はそう言いつつ、肉棒を手にしたままに立ち上がる。左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく。 (この子、学習能力が高いわ……) 唇を押しつけただけで、留美子の思いを察し、健太は口を開くと...