香蓮の舌、ママや咲枝さんたちのようなねっとり感はないけど、でも、動きが凄い活発……

再び、香蓮は顔を近づけてくる。唇が合わせられた。健太はそれを受け入れようとしていた。
(だって、女のほうから迫られているのに、これ以上拒否したら、恥を掻かせることになる)
そう割り切った瞬間、健太の動きは積極的になる。半開きで迫る香蓮の唇の中に、いきなり舌を挿し込んだ。
「うぅっぶ……。け、健太、最初から、舌を、捻じ込んでくるなんて……」
口ほどに体験数はないのかも知れない。不意に挿し込まれた健太の舌に驚いた香蓮は、慌てて唇を離すと、一瞬、怯んだような目を向けてくる。
「だって、キスしてって言うから……。ジョークだったのなら、僕はやめられるよ」
「健太って、案外生意気なのね。いいわ。気に入ったわ。受けてやろうじゃないの」
言葉が終わらないうちに、香蓮の顔が再び近づくと、今度は香蓮のほうから健太の口中深くにまで舌を挿し込んでくる。
(香蓮の舌、ママや咲枝さんたちのようなねっとり感はないけど、でも、動きが凄い活発……)
健太も負けてはいなかった。留美子も咲枝も、それに義母でさえ、健太のキスの濃厚さを褒め称えていた。舌を絡め合う。
「うううっ、は、激っげ、ひぃ……」
香蓮の膝が震えていた。香蓮も人並み以上に敏感な体質のようだった。健太は舌を駆使して、香蓮の口内を隈なく舐め回す。肉棒はすでに、極限状態だった。数分、舌を貪り合っていた。どちらからともなく唇を離した。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

美波の唇に自分の唇を押し付けた 衝動に突き動かされるままに、美波の唇に自分の唇を押し付けた。ココアに浮かべたマシュマロのように甘くて温かな感触に優しく受け止められる。何度口づけを重ねても、その都度、新鮮なときめきと悦びを与えてくれる美波の柔らかな唇。その間から漏らされる、熱い吐息に誘い込まれるように、そっと舌先を差し入れると、ぬち...
今度は貪るように唇を奪った 情動に突き動かされるまま、ぎゅっと抱き寄せると、今度は貪るように唇を奪った。唇の間に舌を差し込み、熱い唾液で満たされた口内にぬるりと侵入させる。まるで南国のフルーツのように甘くて瑞々しく、いつまでも味わっていたいような魅惑の感触だ。その美味をたっぷりと味わうように舌を使う。...
パジャマの裾をめくり上げて手を差し込むと、ノーブラの軟らかなバストが指先に触れた... 部屋の中に美波がいることには気がつかないでいる凪子の上にのし掛かり、起きたばかりで熱っぽい身体を抱き締めると唇を貪る。舌を差し込むと、凪子はすぐさま積極的に絡み返してきた。くちゅくちゅと唾を行き来させながら、パジャマの裾をめくり上げて手を差し込むと、ノーブラの軟らかなバストが指先に触れた。...
上半身を起こしかけていた健太が、由美の舌を口内に受け入れたままにベッドに倒れ込む... 「ママが好きなキスはねぇ、舌全体を使う、キスなの……。舌先だけじゃなく、舌の表面全体をお互いに擦り合わせたり、舌がちぎれるぐらいに、ゆっくりと吸い求めたり、そして、唾液を交換して、お互いに飲み合うようなキス……」 「凄いよ、ママ……。ねぇ、ママ、ママとは本当のセックスはしないまでも、毎晩、ママと一...
猫がミルクを舐めるような秘密めいた粘着音... キュートなバスガイドはいっそう興奮した顔つきで身を乗りだし、啓太の顔を両手に包んだまま、なおも熱烈に舌を絡みつける。そのたび車内に響くのは、猫がミルクを舐めるような秘密めいた粘着音。...
女将の唇が、自ら進んで真正面の男に接吻する... これ以上嬌声を漏らさぬため。また言い訳を拵えた女将の唇が、自ら進んで真正面の男に接吻する。受け容れる側の堂本はすぐさま突き出した舌で女将の口腔を割り、チロチロと歯先、歯茎、頬裏の順で舐めしゃぶった。...
ふたりの少女は仲睦まじく、互いのバストを触り合っては、ちゅっちゅっと口づけを交わす... びくんと身体を跳ねさせる美波のバストの、先端の可憐な乳首に、ちえりが指先を這わせた。ふたりの少女は仲睦まじく、互いのバストを触り合っては、ちゅっちゅっと口づけを交わす。身体の上で行われる美少女たちの饗宴に、宣英のテンションと射精熱はぐんぐんと上がっていくばかりだ。...
薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた... 間近に来た千夏の唇を求め、顔を寄せる。薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた。同様の現象が千夏にも起きたらしく、やわらかい両腕を首筋に回してきた。迎えに来たやわらかい花びらが、俊輔の口をやさしく覆った。 「ぬふっ、んくっ、し、俊輔さ……んっ、んんっ」 ...
唇で感じた柔らかさは、あまりにも気持ちよすぎたのだ... 心を震わせながら、雅也は唇を女子大生の額に押し当てる。ちゅっ、という音をさせた瞬間、雅也の魂が蕩けた。唇で感じた柔らかさは、あまりにも気持ちよすぎたのだ。...
下を向いていることでより一層ボリュームを増している美波の膨らみ... ちえりは両手を伸ばすと、下を向いていることでより一層ボリュームを増している美波の膨らみを、たぷたぷと下から揉み始めた。後ろからは獣のような格好で宣英に突き上げられ、前からは幼馴染の少女に唇を奪われながら性感帯のバストを嬲られる。つい先日まで処女だった初心娘には、あられもない痴態だ。...