人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる

人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる。無数の柔襞が妖しくうごめいて剛直に絡みつき、竜二の腰を痺れさせた。本人は気づいていないようだが、一万人に一人いるかいないかの、まぎれもない名器だった。
「キスしようぜ、奥さん」
迫ってきた男の口に、志津子は唇をゆだねた。
舌の侵入を許したばかりか、自らも積極的に舌を絡ませた。
「ううっん……ううっん……はああァ」
経験したことのない強烈なディープキスに、頭の中がうつろになって、もう肉交のことしか考えられなくなった。夫のことも娘のことも意識から消え去っていた。ただただ快楽のうねりに身をまかせるばかりだ。
「可愛いぜ、奥さん。あんた、最高だよ」

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

抜き差しを繰り返す怒張を締めつけては... 勃起を食い締めるぬらぬらとした粘膜は、乳房と一緒に波打っているかのよう。抜き差しを繰り返す怒張を締めつけては、無数の隆起を亀頭に、棹に擦りつけ、蛭のようにちゅうちゅうと吸う。...
香蓮の舌、ママや咲枝さんたちのようなねっとり感はないけど、でも、動きが凄い活発……... 再び、香蓮は顔を近づけてくる。唇が合わせられた。健太はそれを受け入れようとしていた。 (だって、女のほうから迫られているのに、これ以上拒否したら、恥を掻かせることになる) そう割り切った瞬間、健太の動きは積極的になる。半開きで迫る香蓮の唇の中に、いきなり舌を挿し込んだ。 「うぅっぶ……。け、健...
ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞... ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞は、童貞青年の妄想などとは比べものにもならない、慄然とする快さ。その狭さに驚いたと同時に、ため息の漏れそうなぬくみとぬめりと凸凹感にも恍惚とする。しかも卑猥な洞窟は、奥へ進めば進むほどいっそう細く狭まって、ムギュムギュと亀頭を揉み潰してくる。...
月明かりに、巨大な白桃のような尻房が並び、肛孔から淫裂までが、はっきりと見えていた... 「ああ、素敵……。あたし、欲しくなっちゃった……」 「僕も……。でも、さすがにこんなに深いところでは、無理だね……」 咲枝を一度呼び捨てにした後から、健太の口調はだいぶ砕けたものになっていた。咲枝もそれを悦んでくれている。 「戻ろう、健太ちゃん……。渚でするのも、いいかも知れない……」 「え...
左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく... 「まぁ、健太くんったら……。恥ずかしいでしょう、そんなこと……」 留美子はそう言いつつ、肉棒を手にしたままに立ち上がる。左手を肉棒に絡ませた状態で爪先立ち、右手を健太の首に巻き付けて、唇を求めていく。 (この子、学習能力が高いわ……) 唇を押しつけただけで、留美子の思いを察し、健太は口を開くと...
薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた... 間近に来た千夏の唇を求め、顔を寄せる。薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた。同様の現象が千夏にも起きたらしく、やわらかい両腕を首筋に回してきた。迎えに来たやわらかい花びらが、俊輔の口をやさしく覆った。 「ぬふっ、んくっ、し、俊輔さ……んっ、んんっ」 ...
みっちりと肉の詰まった尻ぺたを両手でぐっと掴むと自らも腰を突き上げた... 下半身の情動に耐えきれずに、凪子のみっちりと肉の詰まった尻ぺたを両手でぐっと掴むと自らも腰を突き上げた。子宮までも届く突き上げに、凪子が頤をぐっと仰け反らせて細い首筋を震わせる。肉孔の窄まりは狭く、ペニスをぎゅうぎゅうと容赦なく搾り込む。それでいて、肉棒を包み込む膣肉は蕩けるように柔らかく、ペニスと...
ふわりとした唇は、まるでソフトクリームのようなやわらかさ。それでいてぷるんと瑞々しく反発してくる... もう一度、やさしくその名を囁き、朱唇を奪った。 ふわりとした唇は、まるでソフトクリームのようなやわらかさ。それでいてぷるんと瑞々しく反発してくる。 (ああ、天女さまと口づけしてる。なんてふわふわして甘い唇なんだ!) 思えば、寧々と唇を重ねるのは、これが初めてだった。...
黒いビキニパンツのクロッチを横にずらすと、突き立ったペニスをとろりと潤んだ割れ目にあてがう... ちえりは身体を前へとずらすと、宣英の腰の上に馬乗りに跨った。黒いビキニパンツのクロッチを横にずらすと、突き立ったペニスをとろりと潤んだ割れ目にあてがう。「あっ……うっ……挿入るぅ……ノリくんのおちんちんがちえりの中に入っていくよぉ……」詰まった膣肉を掻き分けるように、ペニスを突き刺すとみちみちっと狭...
花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した... 挿入箇所はここでいいのかと佑二が不安そうに聞く。花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した。横に逸れていた先端を、花弁に引っかけて中心へと持ってくる。ヌルッとすべって、そのまま肉塊が潜り込んできた。花穂子の首筋が引き攣った。 「あ、アンッ」 佑二が腰を沈め...