人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる

人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる。無数の柔襞が妖しくうごめいて剛直に絡みつき、竜二の腰を痺れさせた。本人は気づいていないようだが、一万人に一人いるかいないかの、まぎれもない名器だった。
「キスしようぜ、奥さん」
迫ってきた男の口に、志津子は唇をゆだねた。
舌の侵入を許したばかりか、自らも積極的に舌を絡ませた。
「ううっん……ううっん……はああァ」
経験したことのない強烈なディープキスに、頭の中がうつろになって、もう肉交のことしか考えられなくなった。夫のことも娘のことも意識から消え去っていた。ただただ快楽のうねりに身をまかせるばかりだ。
「可愛いぜ、奥さん。あんた、最高だよ」

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!