人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる

人妻の膣肉がひきつるように締めつけてくる。無数の柔襞が妖しくうごめいて剛直に絡みつき、竜二の腰を痺れさせた。本人は気づいていないようだが、一万人に一人いるかいないかの、まぎれもない名器だった。
「キスしようぜ、奥さん」
迫ってきた男の口に、志津子は唇をゆだねた。
舌の侵入を許したばかりか、自らも積極的に舌を絡ませた。
「ううっん……ううっん……はああァ」
経験したことのない強烈なディープキスに、頭の中がうつろになって、もう肉交のことしか考えられなくなった。夫のことも娘のことも意識から消え去っていた。ただただ快楽のうねりに身をまかせるばかりだ。
「可愛いぜ、奥さん。あんた、最高だよ」

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

美しい裸身をのけぞらせて、志津子はキリキリと全身を硬直させた... 「ヘヘヘ、何を今さら。オマ×コしてって頼んだのは、奥さんのほうじゃねえか」 竜二はすでにジーンズを脱ぎ、長大な肉棒の先端を押しつけてきた。だがすぐには犯さず、割れ目にそって何度もなぞり上げる。 「ひいっ、ひいいっ」 おびえに眼を見開き、必死に腰を揺すりたてる志津子に、 「俺の魔羅は太いぜ。お...
震える尻を行き過ぎ、内股になって隙間狭める女将の股下に押し挟まれる... 下ろされたジッパーから飛び出た肉幹が、まだ小刻みに震える尻を行き過ぎ、内股になって隙間狭める女将の股下に押し挟まれる。膣の口に焼けるように熱い剛直が密着し、強張りと悦に交互に見舞われた。噎せ込みそうな淫熱をたっぷり溜め込んだ肉の棒が、ゆるゆるとした男の腰振りに合わせて陰唇を扱きだす。...
間を置かず速まった男の腰遣いに圧され、ひたすらに甘く蕩けた声が漏れ出てゆく... 間を置かず速まった男の腰遣いに圧され、ひたすらに甘く蕩けた声が漏れ出てゆく。膣とペニスの結合部からは、突き回されて泡立った蜜汁が次々に掻き出されていた。筋状に内股を滑るその汁の甘酸っぱい臭気が、男女の性欲をより煽り、各々の腰の動きを止め処なく活発にさせる。膣の上壁、粒状の感触の集まるGスポットを擦り...
じゅぽじゅぽと淫猥な音を立てて男根が女壷にめり込んでいく... 凪子の後ろから覆いかぶさると、硬くそそり立った肉茎の根元を手で押さえ、ぐぐっと腰を沈めた。じゅぽじゅぽと淫猥な音を立てて男根が女壷にめり込んでいく。 (う……わ。後ろからするとまた違った感触だ) 裏スジが、数の子のようにざらりとした膣天井に擦れる。膣口の締まりは先ほどよりもさらにきつく、ぐっと奥...
口の中で舌をからませ、唾液をすするようなハードでディープなキス... ただ軽く触れるようなキスではない。すぐに唇を割って舌が入ってくる。広海の口の中で舌をからませ、唾液をすするようなハードでディープなキス。...
加奈子はペニスを愛撫したまま口づけをしてくれたのだ... 単なるライトキスであっても、美人姉妹のWキスとなれば快感は凄まじい。雅也は大きく叫んでしまった。しかも加奈子はペニスを愛撫したまま口づけをしてくれたのだ。たちまちトランクスの中に大量の先走りが漏れだした。...
ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞... ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞は、童貞青年の妄想などとは比べものにもならない、慄然とする快さ。その狭さに驚いたと同時に、ため息の漏れそうなぬくみとぬめりと凸凹感にも恍惚とする。しかも卑猥な洞窟は、奥へ進めば進むほどいっそう細く狭まって、ムギュムギュと亀頭を揉み潰してくる。...
中腰の体勢のまま、おずおずと宣英の上に腰を降ろしてきた... 「次は美波ちゃんだよっ。俺の上に乗って」 美波の手をぐっと引っ張って抱き起こすと、そのまま背後にごろんと横になった。ビデオカメラのレンズを向けると、美波は中腰の体勢のまま、おずおずと宣英の上に腰を降ろしてきた。美波のビラを掻き分け、まずは亀頭がぬぷりとめり込んだ。腰を沈めるたびに、みっちりと柔らか...
ペニスの先だけがぬくみに包まれ 肉路をミチミチと押し広げ、ぬめる狭窟に亀頭が飛び込んだ。ペニスの先だけがぬくみに包まれ、それ以外の部分は外気に晒されたままというのは、何とも奇妙で欲求不満が募る。啓太はすぐにも腰を進め、根元まで全部を膣の中に埋め込みたくなった。...
健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん×ん、よく見せて……... (凄い、健太くん……) 留美子は両手で隠されたままに目の前に出た健太の股間を見て、息を呑む。健太の大きな手でさえ隠し切れない逸物だった。口内に唾が湧く。それを健太に気づかれないように嚥下しながら、留美子の目は健太の股間に注がれたままだった。 「健太くん、隠さないで……。今度は私に健太くんのおちん...