プロポーションが凄い……。お尻は大きくないけれど、キュッと上がって形がいい……

妙な成り行きだった。香蓮に急かされて、山の頂上への小道をのぼりながら、しかし、健太は凄まじい昂揚感に包まれていた。あけすけな言動に終始しながら、手を引いてよ、と甘える一面もある。何よりも、魅力的なのはその肢体だった。
(プロポーションが凄い……。お尻は大きくないけれど、キュッと上がって形がいい……。それにおっぱい……。体は細いのに、おっぱいだけは僕が知る三人の熟女に勝るとも劣らない)
それだけではなかった。細身ではあるが、太ももなど、つくべきところにはしっかりと肉がついている。
(香蓮が三十歳を過ぎたら、凄い女になりそう……)
そう思わずにはいられない。健太はむろん、この夢のような成り行きを受け入れるつもりだった。それまでは同年代の女の子には興味はなかったが、香蓮の場合、とても同年代とは思えない、大人の魅力に満ち溢れていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

左右のヒップが山なりに盛りあがり、深い尻割れも美麗なカーブを描いている。白を基調とした水着は一カ所の... だが靖代の存在が決定的に印象づけられたのは、ベビークラスが終了したあとである。プールサイドでシャワーの順番を待つ後ろ姿に釘づけられた。 左右のヒップが山なりに盛りあがり、深い尻割れも美麗なカーブを描いている。白を基調とした水着は一カ所の皺もなく、靖代の熟尻にぴっちりくまなく張りついていた。ことに娘...
寧々、おっぱい、見せてよ 「寧々、おっぱい、見せてよ」 華奢な手首を捕まえると、さほど力を入れずとも、両腕は左右に分かれていった。 支えを失ったマッシブな質感は、再び下方に悩ましく揺れてから、張りつめた乳肌にふるんと逆方向に戻っていく。 スレンダーな印象を与える細身は、けれど相変わらず肉感的で、ムンと牝を匂い立たせてい...
ほどよく熟れた乳房や控えめに茂った下草、なにより豊かな熟尻が目を奪う... 「どうだ。見てくれ。このケツ。プリップリしてやがる。あんた、よほど女のケツが好きらしいな。この女にもハメてみたくないか」 村松は舌なめずりしながら、山中靖代の盗撮映像を指差したものである。 プールで、スタジオで、更衣室で、靖代はことごとく盗み撮られていた。ほどよく熟れた乳房や控えめに茂った下草、...
まごう方なき艶麗巨乳 プルオーバーはゆったりした感じのデザインではあるものの、それでも真帆が胸元に隠し持つ、破壊力抜群の乳房の量感はごまかせない。生唾を飲みそうになりながら、プルオーバーの胸元を突き上げる、たわわな膨らみをガン見した。そう。彼の見立てでは、控えめに見てもGカップ、九十センチはあるはずの、まごう方なき艶麗巨...
たっぷりとした重々しい充実感とスライムのようなまとわりつき感... それほど惚れっぽい訳ではないが、元々俊輔は、年上の女性を好む傾向にある。しかも、深佳の乳房の素晴らしさと言ったらない。たっぷりとした重々しい充実感とスライムのようなまとわりつき感。どこまでも圧力を受け止めてくれるような安心感に、それでいながら内側から心地よく反発するようで、わずかにあたっている俊輔の...
ふわふわのパイ肉でたっぷんたっぷんと圧迫してくる... ちえりは負けじと両胸を手でぎゅっと左右から押し、宣英の淫竿をふわふわのパイ肉でたっぷんたっぷんと圧迫してくる。...
ムチムチと脂の乗った双臀は瞼からはみださんばかりのボリュームである... 尻穴をさらしたあとの靖代は、見るも無惨にぐったりした。胎児のように身を丸め、一人さめざめと泣いているのである。チャーミングな顔立ちは涙に濡れ、目が真っ赤に腫れている。時折りもれる嗚咽とともに、白い裸身が小刻みに震えた。 しかし恥辱に泣きくれるその裸身は、神々しいまでの被虐美に満ちている。ことに裸身...
湯浴み着の上からなぞられて、美尻が再度はしたなく震えた... 自由を取り戻した少女の指と手のひらが、再び嬉々として真弓の臀部を強襲する。濡れて肌に張り付く湯浴み着の上からなぞられて、美尻が再度はしたなく震えた。 「や、っ、ぁンッ……」 艶めかしく這いずった少女の指に煽られ、尻肉から搾り出されたかのように甘い疼きが噴出する。...
豊満な乳房が二つ、佑二の背中に押し当たっていた... 花穂子が身を乗り出して尋ねる。豊満な乳房が二つ、佑二の背中に押し当たっていた。肌が紅潮し、発汗が増す。 (奥さまのおっぱいが、たぷんってゆれてる)...
Fカップはあるのでは、という豊かなバストがふたつ、若々しく張り切っていた... 背の高い、均整の取れた裸身だった。ほどよく引き締まっている。きれいにそげたウエストから、意外に豊かな腰回り。そこからみずみずしい脚へと繋がる見事なライン。 健康的な肌の色。なにかスポーツをやっていたのか。だがそれをまた裏切るように、Fカップはあるのでは、という豊かなバストがふたつ、若々しく張り切っ...