プロポーションが凄い……。お尻は大きくないけれど、キュッと上がって形がいい……

妙な成り行きだった。香蓮に急かされて、山の頂上への小道をのぼりながら、しかし、健太は凄まじい昂揚感に包まれていた。あけすけな言動に終始しながら、手を引いてよ、と甘える一面もある。何よりも、魅力的なのはその肢体だった。
(プロポーションが凄い……。お尻は大きくないけれど、キュッと上がって形がいい……。それにおっぱい……。体は細いのに、おっぱいだけは僕が知る三人の熟女に勝るとも劣らない)
それだけではなかった。細身ではあるが、太ももなど、つくべきところにはしっかりと肉がついている。
(香蓮が三十歳を過ぎたら、凄い女になりそう……)
そう思わずにはいられない。健太はむろん、この夢のような成り行きを受け入れるつもりだった。それまでは同年代の女の子には興味はなかったが、香蓮の場合、とても同年代とは思えない、大人の魅力に満ち溢れていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

こうして屈み込むと、乳首が下を向くほど垂れ落ちたHカップ乳房... 四十歳。出産も経験している貴和子の裸身は、やはりふっくらと脂肪や肉をまとわりつかせている。 全体に、丸みを帯びたフォルム。こうして屈み込むと、乳首が下を向くほど垂れ落ちたHカップ乳房。シワを刻み込む下腹。 裸身を上下させるたびにそれらが揺れ、たわみ、震える。 だがそれがいい。加齢による「ゆるさ...
花穂子は佑二の勃起を握り込み、せわしく擦ってきた... 佑二は手を伸ばし、ビキニの乳房を掴んだ。手に余る豊乳を揉み込み、喘ぐ花穂子の口元にキスをした。花穂子は佑二の勃起を握り込み、せわしく擦ってきた。腰つきを悩ましく振って、息子の口を吸い返してくる。...
まるで女子高生の乳房が雅也の身体をなで回しているように感じることもある... だが、立ちあがった瞬間──加奈子がすがりつくように雅也の腕の中に飛びこんできた。美少女のバストは、あまりに甘美だった。柔らかく潰れ、大きく拡がっている。気絶するのではないかと思うぐらい、強烈な快感をもたらしている。加奈子は身体を震わせている。すると当然ながら、バストも上下左右に揺れてしまう。派手に跳...
一方の手で鋭角にそそり勃つ肉棒を扱きながら、一方の手が淫嚢を擦る... 「ああん、どうしよう。あたし、こんな凄いのを見ていたら、もうたまらない……」 「あぅっ、咲枝さん……ソープまみれの手で、そんなに扱かれたら、ぼ、僕……」 咲枝のソープの泡だらけの手が、肉棒に纏わりつく。健太の顔を見上げながら、咲枝はうっとりとした表情で、肉棒を刺激してくる。 「もう、ミルク、満...
眼に眩しいほどの純白のビキニに包まれた豊かな膨らみ... こうしてみると伸びやかなスレンダー気味の身体だというのに、バストだけは不釣合いなほどたわわだ。眼に眩しいほどの純白のビキニに包まれた豊かな膨らみは、男の宣英の手で持っても余るほどに大きく成長し、布地をはちきれんばかりに張り上げていた。...
少年の手では掴みきれない豊乳は、やわらかに形を変えてたぷたぷと波打った... 「もちろんですよ。佑二さんが、お好きなようになさって下さいまし」 指が動く。少年の手では掴みきれない豊乳は、やわらかに形を変えてたぷたぷと波打った。 「お、奥さまのおっぱい、やわらかいです」 佑二は震え声で言い、夢中になって揉みあやしてくる。瞳はかがやき、口元が緩んでいた。...
馬乗りになった若い女の尻が激しく上下し、その女は背を弓なりにして、健太の肉棒から送り込まれる愉悦に身... 「えっ!?だ、誰?健太……」 「健太ちゃん、あなた……」 三人の男女の声が交差する。 由美は信じられない光景を目にし、二の句が継げなかった。 (履物がなかったから、健太ちゃん、一人だと……。それにしても、なんて、積極的な……) 由美が茫然とするのも無理はない。目の前で、健太に馬乗りになった...
頭を打ち振ると、自然と上体も横に振れ、左右の乳房がプルン、プルンッと揺れた。... 「ああ、ひどいっ……」 唇を噛んで胸の前を解いた。命じられるままに両手を合わせ、上方へ伸ばしていく。豊かな乳房がポロンッと弾んで揺れた。無防備となった胸に、二人の男が顔を近づけて見入っている。「そんなに見ないでっ。見ないでっ」と頭を打ち振ると、自然と上体も横に振れ、左右の乳房がプルン、プルンッと揺...
角立つホイップクリームのふわふわ感もさながらに、確実にDカップはあるだろう成熟乳房が、むにゅんと押し... ずっと体を支えてくれている深佳との距離が、より近くなったように感じられた。事実、会話に夢中になっているせいか、やや無防備になった彼女の豊かな胸元が、俊輔の側面にあたっている。 クッションとも異なるやわらかさ。角立つホイップクリームのふわふわ感もさながらに、確実にDカップはあるだろう成熟乳房が、むに...
もう片方の手は、貴和子の乳房にあっけなく挟まれる。乳肉の間に沈み込む。... 「まぁ。彩菜ちゃんのじゃあ、ちょっと物足りないでしょうからぁ、貴和子のおっぱい、遠慮せずにどうぞぉ」 もう片方の手は、貴和子の乳房にあっけなく挟まれる。乳肉の間に沈み込む。 「うぁあ、貴和子さんまで!」 両手に感じる、CカップとHカップバストの感触。大きさと張り。弾力とやわらかさ。それぞれ違う...