け、健太のちんちん、うわぁ、近くで見ると、けっこう、大きいのね……

「健太、あたしを見て、おちん×ん、勃起させちゃって……。んもう、いやらしいんだから」
香蓮は勝ち誇ったような微笑で健太を見下ろす。
「綺麗だ……。とても綺麗だよ、香蓮……」
「そうでしょう……。綺麗なだけじゃないの。あたしは島の女たちとは違うのよ。都会で磨いてきているから、洗練されているでしょう。それに、あたしは何といっても、若い……」
(否定はしないけど、でも、僕はやはり、熟女のほうが、いいかな……)
綺麗な顔で、体のプロポーションも抜群ではあるが、香蓮にはムードも何もない。まるでスポーツアスリートのような仕掛け方だった。
「健太、あたしはもう、裸なのよ。あなたもさっさと脱ぎなさいよ」
せっかちに促されて、健太は立ち上がる。もう、脱ぐことに恥ずかしさはなかった。留美子にも咲枝にも、それに義母からも肉棒の逞しさを褒め称えられた。女はこれを見たら、誰だって夢中になる、と何度も言われた。それが自信になっていた。
立ち上がり、脱ごうとする。
「あっ、待って……。それ、あたしが脱がしてあげる……」
健太の手を香蓮が制し、全裸のまま、健太の前にしゃがんだ。その動作を見ていると、香蓮の咲枝にも劣らない二つの乳房の見事さがよく分かる。体全体は細身なので、豊かな双房だけが際立っていた。
「け、健太のちん×ん、うわぁ、近くで見ると、けっこう、大きいのね……」
肉棒はまだ、短パンの中にある。それでもその威容を知るには充分すぎるほどに、窮屈な短パンの中で屹立していた。
(香蓮、短パンの上から、擦ってる……。ううっ、香蓮の手、巧みだ……)
やはり、体験は豊富のようだった。
「香蓮……」
「ふふっ、待ってね、いますぐ、楽にしてあげるから……」
見上げてくる香蓮の目が妖しくなっている。香蓮の手が短パンの上部にかかる。降ろし始めた。だが、すでに極限にまで立ち上がっている肉棒が邪魔をしていた。
見上げてくる香蓮の目がさらに妖艶になっていた。表情だけ見ていると、言動から感じる蓮っ葉な印象はない。健太は短パンを香蓮の手にあずけて、自らTシャツを脱いでいた。
「健太のって、大きい……。脱がせるわよ……」
香蓮の手に力が加わり、屹立した肉棒を薙ぎ倒すように、短パンは些か乱暴に足元まで脱がされていた。
「ひ、ひぃーーっ、す、凄いね、健太……」
熟女たちがこぞって称賛した肉棒だった。露出した瞬間、先端が上を向き、下腹を打ち据えるように直立する。香蓮はその姿に心底驚いたような顔をしていた。
「ああん、こんなだ、なんて……。しかも、健太のコレ、全部、露出している……」
皮は中二のときにほぼ剥けていた。同年代の男の子には、まだ仮性包茎のままのも大勢いる。
「凄い……。先っぽから、液体が出てる……」
「香蓮が魅力的だからだよ。香蓮のおま×こに入りたがっているから、我慢しているから……。でも、ち×ぽのほうが勝手に先走ってる……」
「いやらしい……。何、それ……。おま×こなんて……。ああん、なんて、いやらしいの、健太って……。こんなにおちん×ん大きくして、そんなこと言うなんて……」
香蓮の手が肉棒に触れる。ギュッと握ってくる。上に向かって聳えている肉棒を、香蓮の手が直角にし、正面から先端を見つめている。
「香蓮、教えてくれるって、約束だろう」
健太はあえて、ぞんざいに催促した。年上の熟女たちに対するのとは違い、同年代だけに遠慮がなくなる。ましてや、香蓮のほうから誘惑されたのだ。ここまできて、遠慮する必要は感じなかった。途中からは自ら主導権を握りたい思いもあった。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

右手で灼熱の肉茎を擦りながら、左手で限界まで膨らみきった肉傘を覆い、噴き零される白濁を受け止めようと... 右手で灼熱の肉茎を擦りながら、左手で限界まで膨らみきった肉傘を覆い、噴き零される白濁を受け止めようと身構えるのだ。 「構いませんわ、出してくださいっ!俊輔さんの精液を受け止めたいのです」 いよいよ激しくなった手淫に、怒涛の如く込み上げる射精衝動。俊輔は急速に頭の中が真っ白になっていくのを感じた。...
長襦袢と肌襦袢の前を開いたまま、花穂子は豊乳をクッと差し出す... 長襦袢と肌襦袢の前を開いたまま、花穂子は豊乳をクッと差し出す。佑二はすぐさま左右の手を、胸元に伸ばしてきた。指先が胸の丸みにふれただけで、甘痒い痺れが生じた。 「あ、あの……揉んでもいいでしょうか?」 恐々と指を置いただけの佑二が訊く。すべらかな肌の表面から、佑二の手の温もりが伝わってきた。花穂...
大きなクッションのような乳房が、ぼよよんと顔の側面にあたった... 豊麗な女体に、ほとんど抱きつくような形で、ベッドの上に戻されていく。大きなクッションのような乳房が、ぼよよんと顔の側面にあたった。...
勃起した肉塊が、ぎゅんと跳ねあがり、素股の天井を擦る... たまらず俊輔は、尻肉にむぎゅっと力を入れ肛門を引き絞った。勃起した肉塊が、ぎゅんと跳ねあがり、素股の天井を擦る。 「ひっ、だ、だめっ!」 割れ目を鈴口で擦られた天女が、悲鳴をあげた。拍子に淫裂が、くぱぁっと帳を開いた。薄紅の肉花びらが、すっと左右に割れて、女陰の新鮮な肉色を露わにする。...
詩織は、ゆっくりと指を上下させる 雅也が何とか理解すると、詩織は「オチンチンは大合格だね」と言い、いきなり竿を握ってきた。「うわああっ、し、詩織さん!」詩織は、ゆっくりと指を上下させる。雅也が毎晩、一人でしているのと全く同じ動きだ。...
下着一枚の恥ずかしい下半身を隠すことはもちろん、羞恥で火に染まった美貌を手で覆うことすらできない... 「いいぜ、昌平。そろそろマ×コも濡れてきた頃だろう。スカートを脱がしてやれ」 頃合い良しとみて、竜二が言った。 「ヘヘヘ、待ってましたァ」 昌平の手が待ちかねたようにスカートにかかった。 「い、いやッ。脱がさないでッ」 志津子が腰をのたうたせ、哀願の悲鳴をほとばしらせた。だがそんなことは何...
おもてなしの一音ごとに、きゅっと握りしめられる快感... 「うふふ、気持ちよくなっちゃうようにしているの。ほら、我慢しないで……。忘れちゃった?この村では、お客様を丁重におもてなしするのがしきたりなのよ。だからこれは私の特別な、お・も・て・な・し」 おもてなしの一音ごとに、きゅっと握りしめられる快感。深佳の手指は、ほんのり湿っているような、それでいてすべ...
人差し指でくびれの溝をなぞるように一周擦った後、そのまま裏筋に沿って撫で降ろしていく... 感激にじんと胸をいっぱいにしながら腰を降ろすと、美波が細い指先を宣英のペニスへと伸ばした。シャイな生娘は、少し恐々とした様子で、可憐な指先で赤黒く充血した陰茎を掴むと、まるで宝物でも触るかのような手つきで、丁寧に擦り上げた。人差し指でくびれの溝をなぞるように一周擦った後、そのまま裏筋に沿って撫で降ろ...
淡いグリーンのカットソーに包まれた胸もとには、夏蜜柑ほどもありそうな肉房が実り... ほっそりした瓜実顔で、切れ長の二重瞼と長い睫毛に飾られた個性的な瞳。凛とした鼻梁に、大きめの口も絶妙にバランスが取れていて、女優のようなとの褒め言葉が相応しい美形である。上品な栗色に染められたショートヘアーも若々しさにあふれ、優雅に描かれたボディラインも男の視線を射止めるに充分な魅力を持っていた。淡...
たっぷたっぷとこれ見よがしに揺れ 爛れた色香を鱗粉のように振りまくこの女性もまた、男心を惑わせる見事なまでの巨乳の持ち主だった。高価そうなワンピースの胸元を盛り上げているのは、Hカップはあるのではないかと思われる、たわわに実った九十五センチ程度の豊熟おっぱいだ。ちょっと動くたびにたっぷたっぷとこれ見よがしに揺れ、柔らかそうな肉質を、...