私、約束はしたけど、こんなにも大きいの、お尻に入るのかしら

健太の顔を窺う。仰臥したままに目を瞑っていた。肉棒は、その日初めて、多少萎え加減だった。それでも、まだ交わるに充分な、硬度と長さを保っていた。
(私、約束はしたけど、こんなにも大きいの、お尻に入るのかしら……)
由美も半ば放心状態だった。目を瞑り、明日の夜のことに思いを巡らす。
(お尻に健太ちゃんのお魔羅を入れるなんて……。ああ、私、なんてことを申し出たのかしら……。でも、健太ちゃんはとても楽しみにしている。嘘はつけないわ……)

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。