舌と唇で柔肌を愛撫しつつ、腰ピストンを少しずつ強めていく

ゆっくりと腰を使いながら、竜二は人妻の唇を奪おうとした。
「い、いやっ」
肉悦の渦に巻き込まれつつも、まだかろうじて理性が残っている。志津子は火照った顔を懸命に振って男の唇を避けた。
竜二は焦らない。陰湿な上目遣いで反応を窺いながら、人妻の首筋を舐め、鎖骨の窪みにたまった甘い汗を啜った。舌と唇で柔肌を愛撫しつつ、腰ピストンを少しずつ強めていく。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!