晒された人妻の腋下の窪みにも、竜二の舌がナメクジのように這いずりまわる

「あぐぐっ……ひっ……あぐぐぐっ」
志津子の腰が震えだした。
声をあげまいと必死に唇を噛みしばっている。迸りそうになる嬌声を抑えるために口を手で押さえたいところだが、両腕は昌平によって万歳の形に拘束されていた。晒された人妻の腋下の窪みにも、竜二の舌がナメクジのように這いずりまわる。
「あううーっ!」
不気味なナメクジの感触さえも、燃えあがった女体にはたまらない刺激だった。リズミカルに女膣を抉ってくる淫らな腰の律動と、執拗に肌を這うヌルヌルの舌。女の弱点を知りつくした老獪な責めに、成熟した人妻の女体が長く耐えられるはずもなかった。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!