晒された人妻の腋下の窪みにも、竜二の舌がナメクジのように這いずりまわる

「あぐぐっ……ひっ……あぐぐぐっ」
志津子の腰が震えだした。
声をあげまいと必死に唇を噛みしばっている。迸りそうになる嬌声を抑えるために口を手で押さえたいところだが、両腕は昌平によって万歳の形に拘束されていた。晒された人妻の腋下の窪みにも、竜二の舌がナメクジのように這いずりまわる。
「あううーっ!」
不気味なナメクジの感触さえも、燃えあがった女体にはたまらない刺激だった。リズミカルに女膣を抉ってくる淫らな腰の律動と、執拗に肌を這うヌルヌルの舌。女の弱点を知りつくした老獪な責めに、成熟した人妻の女体が長く耐えられるはずもなかった。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

健太は狙いを定めて、まだ二人の体液でぬるぬるしている肉棒を、そのまま割れ目の中心に挿し込んできた... (ああ、私って、いやらしい……。ああん、健太ちゃんったら、また……) 後ろに重なったままの健太の腰が再び動き始める。自然に吐息が甘く、熱くなる。 「け、健太ちゃん……。今度はママの上に乗って、して……。由美、上から健太ちゃんに支配されながら、されたいの……」 「嬉しいよ、ママ……。僕も、ママを...
膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ... 一呼吸置いてから、もどかしいほどの挿入が再開された。膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ。 「っくぅ、お、大きいものが……お腹の中にっ、ああ、それになんて熱いのっ!」 細腰を捕まえる手が、ぐいっと引きつけを強めた。恥骨と恥骨が、べったりと密着するほ...
折りたたまれた脚で、恥ずかしいM字を描いた... 内股に掌がかかり、ぐいっと膝が胸元に届くほど持ち上げられた。折りたたまれた脚で、恥ずかしいM字を描いた。くぱーっと肉孔の帳を開かれてしまったことが、痛いほど自覚できる。その中心部に、寸分の狂いもなく切っ先をあてがわれるのだ。...
めくるめく肉の愉悦に、焦らされていた人妻の女体は一気に頂点へと駆けあがった... 人妻の柔らかい舌と甘い唾液を堪能すると、いよいよ本格的な責めに入った。 故意に浅くしていた突き上げを、容赦なく最奥に打ちこみはじめた。 「ああっ、す、すごいっ」 ドスンッ、ドスンッと打ちこまれて、志津子は歓喜の声をあげた。 「奥に……奥に当たってる……ああっ、すごいわっ!たまんないいッ!」 ...
ガチガチに強張る肉の棒を誇らしげに掲げ、潤む女の股座に堂本が迫る... 選んだのは、正常位。襦袢を剥いで晒した白い背を、敷布団に預け。両手を前に差し出して、牡の到来をねだった。股はまだ閉じたまま。もじつき揺らいで、飽く事なく女陰を擦り愛でる。ガチガチに強張る肉の棒を誇らしげに掲げ、潤む女の股座に堂本が迫る。毎晩の営みとなって久しい結合まで、もうあと一刻の辛抱だ。期待に満...
言葉の終わらないうちから、彩菜を押し倒し、M字に開脚させた脚の中心に、股間を重ねていく広海... 言葉の終わらないうちから、彩菜を押し倒し、M字に開脚させた脚の中心に、股間を重ねていく広海。 ヌチャ、ズリュ……リュリュリュリュ……ズチュ、ン!まだ貴和子の膣蜜をまとったままの肉棒が、勢いよく彩菜の膣洞を貫いていく。 母と娘の蜜が混じり合って、肉棒にからみつく。膣奥まで突き上げると、あふれた蜜が...
そう言わんばかりに艶めかしく腰をうごめかせた... 「い、いいっ……」 ほつれ毛を噛んで弓なりに背を反らせた志津子は、竜二の目配せで昌平が手を離すや、無我夢中で凌辱者の体にしがみついた。 「ああっ、あああっ」 長い美脚を竜二の腰に巻きつけ、むずかるように腰を悶えさせた。 「あうううーっ」 長大な竜二の肉棒は、最奥のわずか手前でピストン運動を...
健太ちゃん、今夜、何度、この濃いミルクを、私の股間の口に呑ませるつもりなのかしら... 「ママ、僕もだよ……。出そうだよ。抜くからね。由美、僕が抜いたら、く、口で受け止めて……」 「だめ、そんなのだめ……。いいのよ。ちょうだい……。あなたのミルク、ママの子宮の中に、あああ、全部、ちょうだい……」 抜かれたくはなかった。もっと深くに受け入れたかった。 「いいんだね、由美……。ああ、...
その波は小ぶりながら形のいい乳房までも揺れ乱れさせた... 身体の中から激しく突き上げられて、彩菜はマットの上をじょじょにずり上がってしまう。動かないよう広海は、その肩を押さえなくてはならないほどだ。ひと突きごとにぶち当たる股間は、彩菜の肌を波打たせ、その波は小ぶりながら形のいい乳房までも揺れ乱れさせた。...
グィッと腰を突き出した。肉棒の先端が割れ目に呑み込まれる。... 健太も限界だった。このままでは挿入もなく暴発しそうだった。慌てて、膝立ちする。咲枝の太ももを抱えた。引き寄せる。肉棒は鋭角に勃起したままだった。手を使わずとも、屹立した肉棒は、太ももを引き寄せられた咲枝の割れ目を探り当てていた。 「ああ、きて……。そのまま、突き挿して……」 グィッと腰を突き出し...