そう言わんばかりに艶めかしく腰をうごめかせた

「い、いいっ……」
ほつれ毛を噛んで弓なりに背を反らせた志津子は、竜二の目配せで昌平が手を離すや、無我夢中で凌辱者の体にしがみついた。
「ああっ、あああっ」
長い美脚を竜二の腰に巻きつけ、むずかるように腰を悶えさせた。
「あうううーっ」
長大な竜二の肉棒は、最奥のわずか手前でピストン運動を繰り返している。肉交に燃えあがる人妻をさらに焦らそうというのだ。
「ねえっ、ねえっ」
志津子は全身を悶えさせ、娼婦のような媚態すら示しはじめた。もどかしさで気が変になってしまったのであろう。乳房もつぶれよと竜二にしがみつき、
(もっと深く挿れてっ)
そう言わんばかりに艶めかしく腰をうごめかせた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

手に力を込めて、彩香の腰振りの動きを加速した... 佑二の欲望はさらに高まっていく。右手を彩香の腰に回した。花穂子と同じで、驚くほどウエストは細い。手に力を込めて、彩香の腰振りの動きを加速した。女体のゆれが大きくなり、猛った肉茎は女穴にズッズッと突き刺さる。交わりのリズムに合わせて、彩香は「ん、んうっ」と切なく喘ぎをこぼした。...
身体を上下するたびに、たっぷりとした乳房が上下に跳ねてたぷたぷと波打つ... 奥まで挿し込みきると、美波が大きく息をついた。細い腰をぐっと掴むと前後にスライドさせて動かす。最初は宣英に動かされるだけだった美波も、やがて自分で腰を遣い始めた。身体を上下するたびに、たっぷりとした乳房が上下に跳ねてたぷたぷと波打つ。...
膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ... 一呼吸置いてから、もどかしいほどの挿入が再開された。膣肉を緩めたとはいえ、持っていかれるような引き攣れ感は否めない。充溢感も相当なものだ。 「っくぅ、お、大きいものが……お腹の中にっ、ああ、それになんて熱いのっ!」 細腰を捕まえる手が、ぐいっと引きつけを強めた。恥骨と恥骨が、べったりと密着するほ...
言葉の終わらないうちから、彩菜を押し倒し、M字に開脚させた脚の中心に、股間を重ねていく広海... 言葉の終わらないうちから、彩菜を押し倒し、M字に開脚させた脚の中心に、股間を重ねていく広海。 ヌチャ、ズリュ……リュリュリュリュ……ズチュ、ン!まだ貴和子の膣蜜をまとったままの肉棒が、勢いよく彩菜の膣洞を貫いていく。 母と娘の蜜が混じり合って、肉棒にからみつく。膣奥まで突き上げると、あふれた蜜が...
人妻の熟れた肉体がペニスだけなく、全身にからみついて、快楽の一斉射撃を受けた... たまらないのは尚樹のほうだ。人妻の熟れた肉体がペニスだけなく、全身にからみついて、快楽の一斉射撃を受けた。ペニスだけでなく、背中も、胸も、尻たぶも、頬も、彩海の愛撫を受けて、性感帯と化している。...
折りたたまれた脚で、恥ずかしいM字を描いた... 内股に掌がかかり、ぐいっと膝が胸元に届くほど持ち上げられた。折りたたまれた脚で、恥ずかしいM字を描いた。くぱーっと肉孔の帳を開かれてしまったことが、痛いほど自覚できる。その中心部に、寸分の狂いもなく切っ先をあてがわれるのだ。...
両腕を逞しい首筋に巻きつけ、上体を揺らせて、自らの乳房を愛しい俊輔に擦りつけた... 「ああ、俊くんの堅いものが……私のお腹の中で、ビクッビクッてしてる……っ」 深佳は両腕を逞しい首筋に巻きつけ、上体を揺らせて、自らの乳房を愛しい俊輔に擦りつけた。...
あなたのその大きな肉棒で、ママをザクザクと突いて……ああ、いい……... 「ママ、ごめん……。ああ、ママのおま×こ、凄いよ……。まったりとぼくのち×ぽを咥え、全体を締めつけてくる……。気持ち、いいよ、ママ……。ママ、お願いだから、僕を心でも、受け入れて……。ああ、ママ、凄い、締めてる……」 (私たち、ああ、とうとう、繋がったのね……。とうとう、踏み入ってはならない領域に...
その波は小ぶりながら形のいい乳房までも揺れ乱れさせた... 身体の中から激しく突き上げられて、彩菜はマットの上をじょじょにずり上がってしまう。動かないよう広海は、その肩を押さえなくてはならないほどだ。ひと突きごとにぶち当たる股間は、彩菜の肌を波打たせ、その波は小ぶりながら形のいい乳房までも揺れ乱れさせた。...
盛り上がった胸の膨らみが、顔にやわらかに当たっていた... 風呂場で花穂子がしたように佑二の頭を己の胸に掻き抱くと、後頭部を慰めるように撫でた。盛り上がった胸の膨らみが、顔にやわらかに当たっていた。 (彩香さんのおっぱいだ。奥さまと似てるけど違う。弾けるようにぷるんぷるんしてる。彩香さんは、ブラジャーをつけているからかな)...