そう言わんばかりに艶めかしく腰をうごめかせた

「い、いいっ……」
ほつれ毛を噛んで弓なりに背を反らせた志津子は、竜二の目配せで昌平が手を離すや、無我夢中で凌辱者の体にしがみついた。
「ああっ、あああっ」
長い美脚を竜二の腰に巻きつけ、むずかるように腰を悶えさせた。
「あうううーっ」
長大な竜二の肉棒は、最奥のわずか手前でピストン運動を繰り返している。肉交に燃えあがる人妻をさらに焦らそうというのだ。
「ねえっ、ねえっ」
志津子は全身を悶えさせ、娼婦のような媚態すら示しはじめた。もどかしさで気が変になってしまったのであろう。乳房もつぶれよと竜二にしがみつき、
(もっと深く挿れてっ)
そう言わんばかりに艶めかしく腰をうごめかせた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

むにゅりと押し付けられたままの乳房は、巨大なマシュマロのようでふわふわふかふかしている... 彼女の草むらのあたりから肉塊がずれ、腿と腿の間、ちょうど素股のようなポジションを占めた。 白いふくらはぎが、すね毛に覆われた足に絡みついてくる。しきりに上半身をさすってくれる白魚のような手指。むにゅりと押し付けられたままの乳房は、巨大なマシュマロのようでふわふわふかふかしている。 冷たい俊輔の肌...
すでに一糸まとわぬ全裸で、緊縛の悦びの汗で肌をぬらつかせている... 女教師の、尚樹から見て左となりに、彩海がジャングルジムに縛りつけられていた。すでに一糸まとわぬ全裸で、緊縛の悦びの汗で肌をぬらつかせている。 彩海は身体中に灯った官能の火を消してほしくて、あるいはもっと大きく燃え盛らせてほしくて、豊潤な乳房を上下左右にぷるぷると揺らし、ベリーダンサーのように腰をグ...
広海の顔がますますあかりの乳房に押しつけられる... あかりの腕が、広海の背中を抱きしめる。広海の顔がますますあかりの乳房に押しつけられる。
健太は狙いを定めて、まだ二人の体液でぬるぬるしている肉棒を、そのまま割れ目の中心に挿し込んできた... (ああ、私って、いやらしい……。ああん、健太ちゃんったら、また……) 後ろに重なったままの健太の腰が再び動き始める。自然に吐息が甘く、熱くなる。 「け、健太ちゃん……。今度はママの上に乗って、して……。由美、上から健太ちゃんに支配されながら、されたいの……」 「嬉しいよ、ママ……。僕も、ママを...
途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた... ずじゅじゅじゅじゅっと、ヴァギナから引きずり出した勃起を、すぐにじゅぶじゅぶじゅぶっと挿し入れる。 「はううっ、あ、はああぁ……」 途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた。 「ひあ、ああん、俊くん、そんな、捏ねないでぇ……」 兆した声で制止を求める深佳だったが、そ...
ゆっくりゆっくりと雄々しい男性器が、突き入れられる。豊腰がヒクついた... (ああっ、刺さっている) 引き締まったペニスはやわらかな女肉を掻き分け、真っ直ぐに入ってくる。緩みとは無縁の硬直ぶりで、粘膜を押し広げていた。 (佑二さんの硬いモノを、わたくしの身体が悦んでいる) ゆっくりゆっくりと雄々しい男性器が、突き入れられる。豊腰がヒクついた。...
真弓の尻の丸みをなぞるように撫でた堂本の両手が、左右の肉たぶを掴んで引き寄せる... 真弓の尻の丸みをなぞるように撫でた堂本の両手が、左右の肉たぶを掴んで引き寄せる。男女の前面がぴたりと密着し、真弓の喉元を堂本の舌が舐り上げた。逞しい男の腕に抱かれる喜びと、期待孕む悦び。二つに溺れた真弓の瞳がトロリとまどろむ。...
彩香の剥き出しの双乳に手を伸ばし、丸い膨らみをすくい上げた... いつもの泰然とした雰囲気は消え、まるで十代の少女のようだった。佑二の頬が緩む。彩香の剥き出しの双乳に手を伸ばし、丸い膨らみをすくい上げた。指先で乳首を弾くと、彩香の紅唇が開いて可愛らしく喘ぎを吐き出す。すかさず口を被せて、唾液を彩香の口に流し入れた。彩香が佑二の身体に腕を回し、強く抱きついてきた。送...
手に力を込めて、彩香の腰振りの動きを加速した... 佑二の欲望はさらに高まっていく。右手を彩香の腰に回した。花穂子と同じで、驚くほどウエストは細い。手に力を込めて、彩香の腰振りの動きを加速した。女体のゆれが大きくなり、猛った肉茎は女穴にズッズッと突き刺さる。交わりのリズムに合わせて、彩香は「ん、んうっ」と切なく喘ぎをこぼした。...
量感のある乳房が、広海の綿のスウェットパーカーに押しつけられる... そう言うとあかりはクルッと身を翻すように回して広海に正対すると、そのまま抱きついてくる。量感のある乳房が、広海の綿のスウェットパーカーに押しつけられる。水気がところどころ浸みてくる。あかりの手が、広海の胸をなで回し、その下へ降りていく。ためらわず股間に触れると、ぁ、と声を上げた。...