そう言わんばかりに艶めかしく腰をうごめかせた

「い、いいっ……」
ほつれ毛を噛んで弓なりに背を反らせた志津子は、竜二の目配せで昌平が手を離すや、無我夢中で凌辱者の体にしがみついた。
「ああっ、あああっ」
長い美脚を竜二の腰に巻きつけ、むずかるように腰を悶えさせた。
「あうううーっ」
長大な竜二の肉棒は、最奥のわずか手前でピストン運動を繰り返している。肉交に燃えあがる人妻をさらに焦らそうというのだ。
「ねえっ、ねえっ」
志津子は全身を悶えさせ、娼婦のような媚態すら示しはじめた。もどかしさで気が変になってしまったのであろう。乳房もつぶれよと竜二にしがみつき、
(もっと深く挿れてっ)
そう言わんばかりに艶めかしく腰をうごめかせた。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!