体位(正常位)

早瀬真人

熱水が膣奥へと迸った瞬間、まるで肉根を喰いちぎらんばかりに膣襞がキュ~ッと収縮する

「あ、身体が蕩けちゃう。いやっ!すごい!すごいわ!!」 その言葉に後押しされたかのように、さらに腰のストロークを増幅させる。首に回した優香の両手に力が込められ、両足が慎吾の腰に絡みついてくる。 「ああ、イキそうです」 「イッて!このまま私の...
早瀬真人

優香は鼻にかかった吐息を盛んに洩らしながら、ピストンに合わせるかのようにヒップをくねらせはじめる

ぐっぽりと嵌まり込んだ膣肉の感触を堪能しつつ、慎吾は腰の送り出しを速めていった。 「はン……ふぅン。いい、いい!慎吾君のおチンチンいい」 優香は鼻にかかった吐息を盛んに洩らしながら、ピストンに合わせるかのようにヒップをくねらせはじめる。 慎...
早瀬真人

両足を開かせると、中心部はすっかりとぬかるみ、花芯も溶け崩れたように綻んでいる

慎吾は優香の腕にそっと手を添え、やや嗄かれた声で訴えた。 「僕、上になりたいです」 その言葉には答えず、優香はそのまま慎吾の真横に仰向けになる。 (ついに、優香先生と結ばれるんだ!) 慎吾は小鼻を広げながら上半身を起こすと、優香の下腹部へと...
但馬庸太

熟れた美尻も戦慄き、連動して肉孔も締まり、男根を根っこから縊り取ろうと蠢いてみせた

消したい記憶を呼び起こされた裕恵に、斉藤が肉棒を滾らせた。女を辱めることに興奮する性質の人間だった。 「動いちゃ、はぁんっ!は、激しい、う、はぐぅっ」 本格的な抽送が始まると、裕恵は左手の人差し指を噛んで衝撃に耐える。 「正常位もいい締まり...
鮎川晃

ぐぢゅ……と、女が濡音を響かせ、男がみるみる沈んでいく

「私のことだけ考えて。約束よ?」 勇作の目を見つめながら奈津子が言った。女園を開き、勇作を待つ。呼吸が速くなっている。 「約束する必要なんてないです……」 見つめ返しながら勇作が腰を突き出していく。手を添える必要はない。奈津子の角度は知り尽...
鮎川晃

勢いよく出入りをするいきり勃った茎が、女口をぽっかり開かせて、昂ぶりきった亀頭のエラが、潤膣から汁を掻きだし、ハーフ熟女の茂みやアナルを濡らしていく

乳首を舐めている麻里亜に注意しながら、勇作は彼女の膝裏に両手をやると、いっそう大きく開かせたま× こに、無我夢中でち× ぽを抜き刺しさせる。勢いよく出入りをするいきり勃った茎が、女口をぽっかり開かせて、昂ぶりきった亀頭のエラが、潤膣から汁を...
鮎川晃

射精間際の勇作が、張りつめきったエラ縁で、歓びに潤みきった麻里亜の膣を猛烈に擦る

「そ、そうよ、あなたのファックが最高に素敵だから私……んぐう!あぐ……ピストンされるたびに……んひ!あぁ、わ、私カムしっぱなしなのお!」 あんまり濡音がひどいので、つながっている部分を見たら、麻里亜はもう漏らしたみたいになっていて、ち× ぽ...
鮎川晃

裂けんばかりに開かれた股間に、勃起しきった勇作が、淫汁を撒き散らしながら激しく出入りを繰り返し、抜けては刺さるち× ぽに合わせて、男女の甘いうめきが響く

欲しかった麻里亜の反応も激しい。 「ひん!オウノウ!ふ、ファックミハーダー!モア、もっとください……ひい!あぁ、すぐにもカムしちゃいそう!オウ!ノウ!うぐう!」 仰向けの腰を激しく動かし、自分の歓びを追い求めながら勇作にも快感を紡ぐ。裂けん...
天海佑人

孝典は上体を倒し、ぐいぐい突きつつ、揺れる乳房を鷲掴みにする

ザーメンまみれの裕美の美貌が反る。眉間に刻まれた縦皺が美しい。 孝典はぐいぐい突いていく。すると、お椀型の乳房が前後にゆったりと揺れていく。乳首はとがりきったままだ。 孝典は上体を倒し、ぐいぐい突きつつ、揺れる乳房を鷲掴みにする。そしてこね...
鮎川晃

落ち着いた美貌を、歓喜の汗にねっとり濡らして、女性器の名称を躊躇うことなく文子が口にする

「あなたこそ……うぐっ……た、高野さんこそ素敵ですわ……あぁ、そうされると奥がいい……わ、私みたいな歳の女を、こんなに激しく愛してくださるなんて……ひん!うぐう!……あぁ、ま× こがまた……し、しあわせになりそう」 落ち着いた美貌を、歓喜の...
鮎川晃

野太い勇作が沈んでいく女口から大量の汁を溢れさせ、花びらといわず女丘といわず、ねっとり濡らして輝かせていく

強すぎる歓喜に戸惑いながらも、結合が深くなればなるほどに、文子の美貌が薔薇色に染まる。野太い勇作が沈んでいく女口から大量の汁を溢れさせ、花びらといわず女丘といわず、ねっとり濡らして輝かせていく。 やがて、大人の二人は容易く一つになってしまう...
鮎川晃

汗まみれの乳房は、乳首を完全勃起させ、さんざん指を抜き刺しされた女は、欲情の薫りでむせ返るようになっている

「寂しい女をこんなに昂ぶらせておきながら、まだそんなこと仰っているの?そんな暇があるのなら、早く責任を取ってくださいっ」 冗談交じりに勇作を睨む文子は焦れている。汗まみれの乳房は、乳首を完全勃起させ、さんざん指を抜き刺しされた女は、欲情の薫...
結城彩雨

夏子の両脚を肩にかつぎあげ、膝を乳房のほうへ押しつけるようにして、冷二は一気に押し入った

冷二のほうはまだ丹念に夏子の乳房を揉んでいる。 「五郎、ここらで交替といこうぜ」 「いいだろう。気をやらせるごとに、どんどん入れかわろうぜ、冷二」 「おもしれえ。体位も変えようじゃねえか」 そんな言葉も聞こえぬように、夏子はグッタリしたまま...
空蝉

律動の都度弾み揺れる乳房を追いたてるように胸を合わせると、自然と亀頭がゴシゴシと膣の壁を強したたかに突き上げた

「今日っ、大丈夫な日ですから……。はっ、あァッ、あッ!は……ッ、ァ……」 言葉の意味を理解した瞬間から、肉棒の疼きは高止まり。蜜に浸り続けほぐれきった襞肉をこれでもかと擦り、引き剥がしては、喜悦の痺れを享受する。攻め上がった肉棒の先端が、膣...
空蝉

猛々しく脈打つ肉の丸太が、膣内の襞肉を捲りながら押し入ってゆく

「い、いきますっ」 隆々反った勃起ペニスが、賢太自身の手で角度を合わされ、膣口へと押し当てられる。 一旦上体を起こした彼の温みの再来を請い願う気持ちを、美幸は広げた両手の平を胸の前に差し出す事で表現した。 「あ……う、あぁっ。すみませんっ」...
北都凛

濡れそぼった割れ目に亀頭を押しつけると、いとも簡単にヌプヌプと沈みこんでいく

「はじまったな。それでは宮原夫人、我々もしっぽり濡れましょうか」 神谷は思い通りの展開にほくそ笑み、大きく割り開いた夫人の太腿の間に、腰を押し進めていく。 「そ、それだけは……お願いです、せめて主人がいないところで……」 まだ理性の欠片が残...
結城彩雨

剥きだされた三枝子の媚肉と肛門とは、股縄にいじめ抜かれた痕を赤く充血させて、生々しい姿を見せていた

「気分を出せよ。オマ×コをじっとり濡らさねえと、承知しねえぜ、フフフ」 李は三枝子を湯舟からマットの上にあお向けに横たえた。 まず足首の縄を解き、つづいて後ろから股縄を解いて引き剥がしにかかる。 三枝子の肛門に食いこんでいた縄のコブが、つづ...
葉川慎司

腰を激しく衝き動かすと、双乳がたぷんたぷんと不規則に揺れ、うっすら浮かんだ汗の粒がつーと肌の上を流れ落ちた

「このへん?」 女壷の入口から五センチくらい奥、肉の洞窟の上部のあたりに、瑞穂がとりわけ感じる場所があるようだった。 両手でしっかり太腿を抱えあげ、腰だめの位置でぐいぐいと突きあげる。うねる女肉が亀頭を締め上げ、今日三度目の限界が近づきつつ...
葉川慎司

あらためて瑞穂の女陰にペニスが出入りしているのを見ると、背筋がゾクゾクするほどの愉悦の高まりを覚えた

(あああ、めちゃくちゃいやらしい……) あらためて瑞穂の女陰にペニスが出入りしているのを見ると、背筋がゾクゾクするほどの愉悦の高まりを覚えた。 女裂のなかのピンク色の粘膜がちらちら覗き見える。六センチほどの亀裂の中心よりやや下に、祐司の肉竿...
葉川慎司

ゆっくり腰を前後に動かし、肉竿をゆるやかに抜き差しする。ぬめる膣肉の感触が、ねっとり亀頭粘膜にからみついてくる。

「今度はゆっくり、なかを掻き回してください」 「こう?」 ゆっくり腰を前後に動かし、肉竿をゆるやかに抜き差しする。ぬめる膣肉の感触が、ねっとり亀頭粘膜にからみついてくる。 「あああ!さっきより気持ちよくなった」 「激しくしたり、ゆっくりした...