竜二の舌が乳房を這いあがって頂点のつぼみをついばむ

竜二の舌が乳房を這いあがって頂点のつぼみをついばむと、
「あうううーっ!」
志津子の身悶えは一段と激しくなった。
腰がよじれて痙攣し、開脚した足の爪先が反りかえった。
「いやああっ」
「フフフ、嬉しいからって、そんなに締めつけるなよ、奥さん」
浩や知美に聞かせるためにわざと言った。
「あんまり悦びすぎると、亭主が興奮しちまうぜ」
「ああっ」
志津子はこらえようとした。
だが無駄だった。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

あひぃん……ああ、乳首が、し、痺れるぅ……... 健太はしどけなく、タイルに尻を落とし、浴槽の縁に掴まったままの留美子を、後ろから抱き締めていた。前に回した手が、たわわな乳房に触れた。 「あひぃん……ああ、乳首が、し、痺れるぅ……」 はじめて触れた、成熟した女の乳房だった。量感たっぷりで、健太の大きな手のひらにも余る大きさに感動していた。...
動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている... 「そ、そんなっ……イヤッ……イヤよっ……」 びくついた声音が返った。 奥寺は後ろから体を密着させた。アナルバイブを膣洞に挿入しつつ、肉刀を美尻に突きつける。スレンダーな肢体がおののき、美尻が左右に打ち振られた。 「いい加減にあきらめな。こっちは明日の朝までかかったってかまやしないんだ」 「ほ...
ねろん、ねろんと乳首を舐めれば しかしどうやら、身体はやはり別人格のよう。いやがる気持ちは溢れんばかりのはずなのに、ねろん、ねろんと乳首を舐めれば、...
シックスナインに重なった貴和子を、その大きなヒップをつかんで四つん這いにさせると、一気に突き込んだ... 彩菜とシックスナインに重なった貴和子を、その大きなヒップをつかんで四つん這いにさせると、一気に突き込んだ。 「ンァァァアアアア!!は、挿入って、くるゥウウウ!」 絶頂の余韻に酔っていた貴和子の官能が、蹴飛ばされたように、再びピークを振り切っていく。 腰から砕けていた裸身を肉棒が貫くと、文字通り...
淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた... 「ふひっ、ふうんっ、はああぁっ。もうダメっ、壊れるぅっ~~!」 淫裂には、堅く窄まされた千夏の舌先が、ずっぽりと刺さっていた。膣内を同性に舐められているのだ。 「あひい、あ、あううっ、ヴァギナ、舐めないでぇ」 焼け火箸でも押し付けられたかのような衝撃に、深佳は脂汗の滲んだうなじを大きく反らせ、...
玉袋に蓄えられた全ての白濁を吐き出すつもりだ... 「ああっ、あおぅぅ……あはあぁあああぁ……おん、おおおぉんんっ!!」 肉塊だけを胎内で暴れさせ、びゅびゅっ、びゅびゅびゅっとなおも射精する。玉袋に蓄えられた全ての白濁を吐き出すつもりだ。 「あはああぁ、あ、あああああっ……。い、いっぱいです……千夏のお腹の中……俊輔さんの精子で……いっぱいいっっ...
こりこりとしこり勃った乳頭に薄布越しに口づけると... こりこりとしこり勃った乳頭に薄布越しに口づけると、歯を軽く立てて甘噛みした。唾が布地に染みて薄いピンク色が透ける。もう限界まで勃ったかと思われた乳首だったが、宣英の口で嬲られてさらに一段階ぷくりと膨らんだ。...
意地悪するように乳頭をちゅるっと吸い込んだ... さっきよりも捕まえやすくなった乳首を歯で軽く噛み支えながら、その根元で舌先を左右に反復させると、美波は快感に耐えるように、宣英の肩に置いた手にぐっと力を込めた。意地悪するように乳頭をちゅるっと吸い込んだ。強弱を付けて嬲ると、美波が艶やかな喘ぎ声をあげる。...
右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく... ビデオ映像をくっきり瞼に描きつつ、梅崎は右手で尻肌を撫でまわし、左手では小ぶりな乳房の感触を楽しんでいく。珠実に相応しいコリッと硬くて密度の格別に濃い乳首が、手の腹にコリコリッと当たる。身悶えたくなるほど心地よい。指と指とに乳首をつまみ、イビイビといびりまわす。期せずして「イヤああっ」とあがった悲鳴...
最初は躊躇するように舌の先端でちろちろと、やがて舌の腹部分を使ってべろりと少し大胆に舐め上げる... 積極的に男体を責めるちえりに誘われ、美波も宣英の乳首へと舌を伸ばした。最初は躊躇するように舌の先端でちろちろと、やがて舌の腹部分を使ってべろりと少し大胆に舐め上げる。乳頭の快感末梢神経をちりちりと刺激され、こそばゆいような快感が背筋を襲った。舌のねっちょりと濡れた軟らかな感触に、身体がぴくんぴくんと...