竜二の舌が乳房を這いあがって頂点のつぼみをついばむ

竜二の舌が乳房を這いあがって頂点のつぼみをついばむと、
「あうううーっ!」
志津子の身悶えは一段と激しくなった。
腰がよじれて痙攣し、開脚した足の爪先が反りかえった。
「いやああっ」
「フフフ、嬉しいからって、そんなに締めつけるなよ、奥さん」
浩や知美に聞かせるためにわざと言った。
「あんまり悦びすぎると、亭主が興奮しちまうぜ」
「ああっ」
志津子はこらえようとした。
だが無駄だった。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!

関連する言葉

こりこりとしこり勃った乳頭に薄布越しに口づけると... こりこりとしこり勃った乳頭に薄布越しに口づけると、歯を軽く立てて甘噛みした。唾が布地に染みて薄いピンク色が透ける。もう限界まで勃ったかと思われた乳首だったが、宣英の口で嬲られてさらに一段階ぷくりと膨らんだ。...
熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った... 「ひっ、ひいいーっ!」 熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った。 「ひっ、ひっ、ひどいわっ。奥寺さんっ……。う、恨みます……ううっ、うううっ。あ……いっ、イクッ……イッちゃううう……はっ、はっ、はああっ……も、もう駄目っ……ご、ごめんなさいっ、あなたっ……あ、ああああっ!……」 二人の男...
片方の乳を生臭い唾液でドロドロに穢し抜くや、すかさずもう片房を征服しにかかる... 啓太の乳揉みと乳首舐めは、尻上がりに熱っぽさとしつこさを増した。片方の乳を生臭い唾液でドロドロに穢し抜くや、すかさずもう片房を征服しにかかる。もちろん、二つのおっぱいを休むことなくまさぐりながらだ。...
再び俊輔は女陰全体を唇で覆い、肺活量いっぱいにじゅちゅるるるっと吸いつけた... 再び俊輔は女陰全体を唇で覆い、肺活量いっぱいにじゅちゅるるるっと吸いつけた。 「ひうんっ!ああ、そんなっ……いま、吸われたら……ひふう、ほおぉぉっ…だ、だめです、だめっ、何かが出ちゃいます。ひゃああぁん……」 ぶるぶるぶるっと派手に背筋を震わせながら、切なげに千夏が呻いた。 ぶっしゅわわ──。...
まるで理香は追いたてられるように肛門をキュキュキュッと引き絞り、肉刀を噛みしばった。... 突如理香はエビ形の肢体を痙攣させた。尻を奪われながら、恥蕾を魔指でいたぶられたのだ。切なすぎる性悦が走っていく。 一度ですます奥寺ではない。理香の身悶えにひとしきり声を立てて笑い、それから恥蕾をねちっこくグリグリと捏ねくりかえす。 まるで理香は追いたてられるように肛門をキュキュキュッと引き絞り、...
健太ちゃんに、バイヴを、入れられているぅーーーーっ... 「ママ、凄いよ……。感じてるんだね。急に濃い蜜がドロドロ出てきてる……」 「ああん、イヤぁぁぁ、そんなこと、言わなくていいの……。ママ、恥ずかしい……。健太ちゃんに、こんなにも淫らな体を見られて、ママ、死ぬほど、ああ、恥ずかしいのよ……。うわぁぁぁーーーーっ、健太ちゃん、あ、あなたーーーーっ」 ...
広海は彩菜の片脚を抱えながら、何度も何度も突き上げていく... 広海は彩菜の片脚を抱えながら、何度も何度も突き上げていく。 「ぁっ!ぁん!ひっ、ん……!」 悲鳴を上げながら、彩菜が広海の首にしがみつく。突き上げられ、膣から持ち上がった身体は、残った脚が爪先立ちになってしまう。...
Fカップはあろうと思われる豊満で柔らかいふくらみを、昌平はタプタプと音を立てて揉みこんだ... 「なら俺にも揉ませろっ」 もう我慢できないとばかり、昌平は下から人妻の胸に手を伸ばした。 「おお、柔らけえ!」 しっとりとした肌が指に吸いつく。Fカップはあろうと思われる豊満で柔らかいふくらみを、昌平はタプタプと音を立てて揉みこんだ。それから竜二にならって先端の乳首をなぶりはじめた。はじいては...
大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回され... 留美子の括約筋が伸縮する。王冠部を咥え込んだ膣唇が蠢く。 「凄い……。先っぽが、締め付けられる……」 「あああん、きてーーーっ、健太くん、浅瀬で焦らしちゃ、あああ、イヤぁ……。ああん、いまから、そんな意地悪、覚えなくていいの……。ああ、きて……。奥まで思いきり、うううっ、突き挿して……」 健太...
いくらアナルセックスに馴れてはいても厳しすぎる、あまりに太すぎる肉浣腸だった... 「……っ!そ、そこは……うぅ、んんぅ!」 肛門の痛みにハッと意識を取り戻し、志穂は苦しげに呻いた。今の慎也は夫のイチモツよりふたまわりか、それ以上も逞しく、マスコットバットと見紛うばかりの巨大さなのだ。いくらアナルセックスに馴れてはいても厳しすぎる、あまりに太すぎる肉浣腸だった。が、慎也はお構いな...