アソコがどんどん濡れそぼり、舌を浅く挿入されるとヌチャヌチャと卑猥な音が響き渡る

北都凛

「パックリ開いてますよ。おや?もう待ちきれないみたいですね」
神谷はおおげさな口調でつぶやくと、ヒクつく陰唇に口づけしてきた。
「ひゃっ……あ……ああ……い、いけません」
鮮烈な感覚が突き抜けて、たまらずソファーから腰が浮きあがる。唇が軽く触れただけだというのに、奥から蜜がじわっと溢れてしまう。
そこを口で愛撫されるのは初めての経験だ。淡泊な夫は女性器を口で愛してくれたことは一度もなかった。
「そんな、お口でなんて……ひうっ、あっ、ああっ」
「すごく美味しいですよ。ほら、お汁がたくさん溢れてます」
「いやンっ、おっしゃらないで……ひっ、ひンンっ」
死ぬほど恥ずかしいのに、頭のなかが真っ白になるほど気持ちいい。アソコがどんどん濡れそぼり、舌を浅く挿入されるとヌチャヌチャと卑猥な音が響き渡る。
「あっ……あっ……こ、こんなの初めてです……ああっ」
腰骨が蕩けそうな愉悦がひろがり、こらえきれない喘ぎがあふれる。このまま快楽に流されてもいいと思いはじめたとき、ふいに愛撫が中断された。

出典:~レイプ百貨店 令夫人と悪魔外商部員

著者: 北都凛

(あなた、許して。私にもう妻の資格はないわ)試着室、立ちバックで貫かれる38歳の社長夫人。かつて自分に低姿勢だった外商部員の罠に堕ち、凄絶な凌辱に耐えるうち、熟れた躯には魔悦が……美しい院長夫人、気丈な令夫人、二児の熟母。閉店後の百貨店は、淑女狩りの淫獄ハーレム!

タイトルとURLをコピーしました