瑞穂がひざまずき、豊かな乳房を押しつけるように寄り添っていた

葉川慎司

「あああ、いい!気持ちいいよ、ママ」
祐司はのぼせたように呟きながら、腰を前後に使い始める。太い肉竿が口を押し開き、喉奥を圧迫する。
「んんっ。んっ、んっ。んふぅ」
吐き気がこみあげても、沙恵子は唇をすぼめ必死にペニスに吸いついた。できるなら、このまま自分の口で祐司を果てさせてしまいたい。女の本能が、身体を衝き動かす。
「奥様。つづきはお部屋で」
背中にやわらかな感触が当たる。瑞穂がひざまずき、豊かな乳房を押しつけるように寄り添っていた。
「いこう、ママ」
祐司の眼差しは、涙が出てしまいそうなほど優しかった。
沙恵子は夢の中にいるようなふわふわした足取りで、二人に促されるまま祐司の部屋に向かった。

出典:~僕の家に来た美しすぎる家政婦 (フランス書院文庫)

著者: 葉川慎司

掃除中にのぞける白い太腿、36歳の悩ましい腰まわり……エプロンでは隠しきれないむっちり女体の家政婦・瑞穂。まさか彼女が、僕の初体験相手になってくれるなんて!濃厚キッス、お掃除フェラに、ご奉仕バスルーム……「してほしいことがあったら何でも言ってくださいね」どんな淫らな願いも叶えてくれる最高すぎる家政婦!