大きい。あまりにも大きすぎる。母親の玲子がGカップなのだから

大きい。あまりにも大きすぎる。母親の玲子がGカップなのだから、巨乳には慣れているはずだった。しかも加奈子はFカップとワンランク小さいのだ。ところが、バストの印象は、身体全体とのバランスで、全く違ったものになる。玲子のプロポーションは見事だが、それは成熟した肉体と大きなバストが釣り合っているからだ。しかし、加奈子の身体は胸元以外は極めて華奢だし、ボディラインは紛れもなく少女のものだ。若々しくみずみずしいが、ある種の〝硬質さ〟が存在するのは事実だ。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。