左手中指が、ショーツの生地ごとグリリと、真弓の尻肉の谷に押し入ってくる

堂本の左手中指が、ショーツの生地ごとグリリと、真弓の尻肉の谷に押し入ってくる。肉厚の指の先端が、谷の奥底で縮まっていた窄まりの上に力一杯のしかかり。
「んぅぅ……!お尻は嫌、ぁっ……」
小気味よいリズムで捏ねられた尻穴が、卑しく開閉し、放熱する。ヒクつく排泄穴の奥底からも何か、卑しい汁が染み出てくる予感がし、女将自ら慌ててきつく締め付けた。──それが、快楽の段を跳ね上げる引き金となる。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!