バックから視姦されている現場を演じ、尻の穴まであからさまにする

腰にまわされていた慎也の手は当然のように豊麗なヒップに伸びてゆく、そんな場面へと妄想をエスカレートさせる。
「うぅん、もう、慎ちゃんたら……そんなに、私のお尻が好きなの?」
虚空の彼に囁きながら、ストレッチパンツに包まれたヒップを自らの手で撫でまわす。慎也の手に弄ばれている妄想を逞しくして、豊かに肉づいた美臀を荒々しくこねまわす。
「あぁん、また……そんなところを……」
尻の谷間に食いこんだパンツの縫い目をなぞり、尻フェチ息子の「オイタ」を演じてアヌスに指先を押し当てる。さらには、その奥で疼いている秘唇に中指を這わせ、カリカリと割れ目を爪で引っ掻けば、いたたまれない性的な火照りに女体が包まれてしまう。
「ええ、見てぇ……なかまで、全部ぅ……」
バックから視姦されている現場を演じ、尻の穴まであからさまにする。V字を象った右指でラビアを満開に捲りひろげ、膣口を妖しく蠢かせてみせる。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。