こ・肛門(言い換え)

葉川慎司

瑞穂の指が肉の秘門に触れ、ぐっと押しこまれる感じになる。むずつくような快感が、一瞬、弾けるような快感に変わった。

「こんなことされたら、誰だって気持ちよくなるよ」 「じゃあ、ここは?」 睾丸の中心を走る筋に沿って指の腹を滑らせる。瑞穂は中指をお尻のほうに近づけた。指先が谷間の奥の小さな孔をとらえ、くすぐるように細かに振動する。 「あああっ。すごい...
御堂乱

浩は後ろ手縛りのまま、顔を娘の双臀の谷間に埋め、今まで自分が貫いていた媚肉を舌で舐めはじめたのだ

不意に浩の腰が動きを止めた。 腰を引き、スポーンと肉棒を抜いた。 果てたのか──一瞬、竜二と昌平は思ったが、そうではなかった。 浩は後ろ手縛りのまま、顔を娘の双臀の谷間に埋め、今まで自分が貫いていた媚肉を舌で舐めはじめたのだ。 これ...
御堂乱

呻くばかりだった少女の身悶えに、はっきりとニュアンスの変化が表れていた。尻穴の締まりも、ますます妖美さを増してきている。

「ヘヘヘ、しっかり根元まで入ったぜ」 興奮に息を荒げながら、昌平は結合した部分に目をやった。 あらかじめ入念にマッサージをほどこしてやった成果だろう。長大な肉杭を根元まで打ちこまれてしまった少女の菊坐は、美麗な柔襞を限界まで拡張させてい...
御堂乱

指抽送で揉みほぐされた桜色の菊坐は、容易に窄まりを突きえぐられ、指とは比べものにならない大きな肉棒を受け入れてしまった

「あっ」 あわててすぼめようとしたが、括約筋がいうことをきかなかった。指抽送で揉みほぐされた桜色の菊坐は、容易に窄まりを突きえぐられ、指とは比べものにならない大きな肉棒を受け入れてしまった。 「うわああああッ!!」 湯気のこもるバスル...
御堂乱

弥生はアヌスを剥きさらしにしたまま、突き出した双臀をゆっくりと左右に振りはじめた

「ん?おおっ……ハハハ、勃ってやがる!こいつ、メイドのケツの穴を見て、チ×ポをおっ勃ててやがるぜ!」 「ち、違う……これは……これはその……」 浩は必死に言い訳しようとした。妻と娘の驚きの目がこちらに向けられたのが分かった。どっと冷汗が...
御堂乱

弥生はすすり泣きながらギュウッと固く眼を閉じ、再び裸のヒップを突き出した

「後ろを向きな」 竜二がナイフをちらつかせて弥生に命じた。 「尻を見せるんだ」 「あ、ああっ……」 弥生は後ろを向き、男たちに裸の背中と尻をさらした。 「いい身体だ」 前から眺めると、どうしても乳首や股間の茂みに目が吸い寄せられ...
鳴瀬夏巳

繊細な蕾を指の腹でやわやわと押しこんでは、爪の先でコリコリと引っかく。

「ああ……イヤッ……あああっ……」 木之内の魔指が肛門を弄ぶ。繊細な蕾を指の腹でやわやわと押しこんでは、爪の先でコリコリと引っかく。抗いがたい肛悦が襲った。
鳴瀬夏巳

フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ

「くっ……くうううっ……はああっ……イヤッ……あ、ああっ……」 「フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ」 「あ、ああっ。イヤああっ」 あわてて肛門を引き絞ったが、間一髪間に合わない。またも異物を突きこまれる。奥寺が指を挿入したようだ。バイ...
鳴瀬夏巳

奥を突かれると息詰まるようなショックに苛まれ、引き戻されると排泄感が一瞬に湧いて、たまらず肛門を引き絞ってしまう

「あ……ううっ……も、もういいでしょうっ……。帰してっ……」 お尻を揺らして訴えた。背後から奥寺がバイブを送りこんでいるのだ。奥を突かれると息詰まるようなショックに苛まれ、引き戻されると排泄感が一瞬に湧いて、たまらず肛門を引き絞ってしまう...
羽沢向一

繊細なしわが集中する形態が、たまらなくかわいらしく、どうしようもなく淫らに見えてくる

強い口調で言いつのる彩海の尻の後ろで、尚樹は苦笑した。 (普通はいじらないよなあ) そう思っていても、少年の視線は、今や彩海の肉体に残された最後の未知の場所に集中している。欲望の目で見つめれば見つめるほど、繊細なしわが集中する形態が、た...
タイトルとURLをコピーしました