熱のこもった母の口唇奉仕に、佑二の勃起はピクンピクンと跳ねた

舌や口内粘膜と、佑二の逸物がぴっちりぴっちり擦れる感覚が、快くてたまらなかった。花穂子は唾液の汁音と、粘膜の摩擦音を響かせて、赤い唇をすべらせた。
「口だけで扱くなんてテクニック、彩香さんだってしてなかったのに」
佑二がため息を吐き、花穂子の頭に手を置いた。まとめ髪から垂れたほつれ毛を指で掻き上げる。
(彩香にもコレをしゃぶらせたのですか?)
妹への妬心が、花穂子をより積極的にした。吸引を強くし、尿道内の液を吸い出しながら、抽送をした。唾液と先走り液が口内に溜まるのを待って、空気を口のなかに多めに含んだ。ジュルジュルという汁音を派手に奏でながら、唇を素早く前後にすべらせた。熱のこもった母の口唇奉仕に、佑二の勃起はピクンピクンと跳ねた。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!