肉に飢えた獣のワイルドさで、ペニスをしゃぶる佳織の顔つきはどうだ

その上、肉に飢えた獣のワイルドさで、ペニスをしゃぶる佳織の顔つきはどうだ。愛らしい美貌が不様に崩れ、顔の皮が引っ張られてひょっとこのようになっていた。クレーターかと思うほど左右の頬が深く窪み、鼻の下の皮が餅のように伸びきって、形のいい鼻腔が正視に耐えないほど伸張している。 そうしたガイドのフェラチオ顔に、よけいに啓太はそそられた。 これほど可愛い人が自分なんかのためにこんなにも滑稽な顔になって奉仕をしてくれるなんて。なんだか万能の力を手に入れたような錯覚さえ覚えてしまう。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!