白魚の指を股間に伸ばしてクロッチの布をクイッと脇にずらすや

啓太が膝立ちになったのを確かめてからだった。亜紀はぐっと腰を落とし、目を剥くほどのがに股になると、白魚の指を股間に伸ばしてクロッチの布をクイッと脇にずらすや、もっとも恥ずかしい部分を啓太の眼前に露出した。
白昼堂々と、境内の森にさらけだされた大人の女性の媚肉の眺めに、啓太の息苦しさは一気にエスカレートする。さらけだされた秘唇は、湯気のように沸き立つ甘酸っぱい、高湿度なアロマで啓太の顔をぞろりと撫で上げた。発情牝が振りまく蠱惑の匂いは、まさに媚薬そのもの。不埒な快さが染み広がって、豆腐のように脳味噌が煮立てられる。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!